スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
というわけで、今回のテーマは【適切な前傾姿勢の見つけ方】です。

 

ラウンドで使用する他のクラブ同様に、パターにもライ角をつけることがルールで義務付けられています。

 
ソールをピタっと地面につけたときにできるソールラインに向けてシャフトの軸線を下します。

 

 

そして、2つの線が交わった点から上に向かって垂直の線を引いて、シャフト軸との間にできる角度が10度以上にならなければいけません。

 

 
もしもこの角度が0度、すなわちヘッドに対してシャフトが直角に差し込まれていたらどうか?

 

 
誰もがボールの真上でグリップしてから、ボールに覆いかぶさるように構えるわけです。

 

 
このようにすることによってより正確な振子運動ができるわけです。

 

 
そしてヘッドを真っすぐ動かせるわけです。

 

 

上体をほぼ直角に折り曲げる独特のスタイルをとることで有名なプロはミシェル・ウィーとかいますね。

 

 
あなたも知っているかもしれませんが、彼女のストロークスタイルはかなりの前傾姿勢になっていますね。

 

 
パットの前傾角度も十人十色で上体を起こし棒立ち気味に立つ人もいれば、上体を深く前傾させる人もいます。

 

 

先ほどお伝えしましたように、パターにライ角があるので、正確にヒットしようと思ったら、それはおのずとソールを地面と平行にセットしおてライ角どおりに構えることが必要になるという事です。

 

 
その前提で、多くのプロが実践しているのは、ショットと同じように股関節から上を軽く前傾させて、腰のあたりにハリを感じて構えるという事です。

 

 

手先を使って打ったら、微妙に方向がズレたりして芯を外しやすくなるといった理由から、この形で上体の大きな筋肉を使って打っているわけです。

 

 

ストロークしやすい前傾角度をみつけるときにはショットの延長となるこの形から試してみるといいですね。

 

 

窮屈さを感じるようであるなら、少し体を起こしてボールの近くに立ってみるわけです。

 

芯に当たりづらければ、ボールに目線を近づける感じで前傾を深くしてみるのもいいですね。
ただ前者ではハンドアップしてパターを吊る感じになるためヒール側が浮きやすくなって、パターの長さが足りなくなることも考えられます。

 

 

また、後者のように前傾を深くした場合は、パターを短く持てばいいですが手を前に出さないとトゥ側が浮いてしまいますので、これらに対して、打ちやすいかまえにする必要があります。

 
とはいってもパターはスコアーを作るうえでも最も大切なクラブです。

 
思った通りに打てる前傾角度があるのであれば、それにパターを合わせてもいいわけです。

 
ショップでパターの長さやライ角を調節してもらうことも視野に入れておくべきですね。

フェース向きを合わせやすくするためにパームで握る

パターはどんな握り方をしてもいいので、形などこだわる必要はないと思います。

でも、自分なりの握り方を見つけるのは難しいですが、それもまた楽しみになります。
ただ、プロとか上級者になるとグリップを見ると満たすべきいくつかの条件が浮上してきます。

なのでそれを紹介しますね。
条件としては、1つ。
フェースの向きが合わせやすいことと、インパクト時にフェースの向きを感じやすくすること。です。

これを満たすべくほとんどのプロはパームグリップで握っています。

 

パームグリップを一言で説明するなら、両手のヒラでグリップを挟む握り方ということです。

 

右手グリップの真横からあてがって手のひらをつけたら、右手全体で包み込むように握るわけです。

 
このときに右手のヒラとフェースの向きをそろえるのがポイントになるわけですね。

 
両者を同じ方向に向けて右手をターゲット方向に動かす形にするわけです。

 

 

左手は右手の方向性が失われないように握るわけです。

 

 
すなわち、右手のヒラと左手のヒラでグリップをサンドイッチにするように左真横からあてがうわけです。

 

 

こうすることによって、右手の向きを変えることなく両手に一体感をも絶えることができるというわけです。

 

 

そのまま両手を並列にセットしてグリップを完成させる人もいますし、左手を上下にずらす人もいます。

 

 
パターのグリップで最もポピュラー型というのはオーバーラッピングのグリップですね。

 
このスタイルの応用型。
右手の小指までをグリップ部分に密着させることによって、右手のヒラとフェース向きの同調性を高めているというわけです。
右手のヒラとフェースの向きは平らなグリップを使うとより合わせやすくなります。

今回の内容は以上です。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前にスコアー80台、70台を出し行くために再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着ける詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク