スポンサードリンク

64782c3fa902ef28fd92169d4fb1a7fb_s

こんばんは。
ゴルフ侍トシです。
福岡の自宅からです。

今回もあなたのゴルフ上達に役立てていただければ思います。

では、今回のテーマは【パターの芯に当てるために球の赤道を打つ】です。
パッティングではボールをパターの芯でとらえることは
通常のショット以上に大事だと意識してみてください。

僕の場合、パットが好調な時というのは
パターの芯でボールの赤道をしっかりと打てているときです。

芯を外して当たると、球の転がりや方向性が悪くなるだけでなく、
打感や打球音も変わってしまうのでストロークに影響を及ぼしてしまいます。
通常のショットの場合は

距離を調節すると言っても

せいぜい1~2番手ぶんですから
だいたい比率的にはフルショットの1~2割の範囲内ですが

パッティングの場合は数センチから、30~40ヤードの距離を

振り幅とフィーリングで調節します。
そのフィーリングの調節は

打った瞬間に感じる打感や打球音などの

フィードバックを受けて無意識に行っています。

だから、打った瞬間に「強すぎる」とか「弱い」とか分かるわけです。

でも、打った感触では「強い」と思っても
ボールが想像よりも転がってくれなかった

フィーリングを調節するセンサーが壊れているのと同じで

感覚が混乱しています。

これを防ぐために、

感覚の基準を安定させるためにも

あなたもパターの芯で常に打つことを意識してください。
そして、パッティングでは安定して芯で打つために

アドレスで少しだけ左足体重にかまえるのもおすすめです。
パッティングのストローク軌道はアッパー軌道ではなく、

どちらかというとダウンブロー軌道になりますので

ほんの少しだけ左足体重にしておくとストロークとの相性が良くなります。
あなたが通常の長さのパターを使っているなら

前傾は深くなりますが、あまり猫背にならないように

少し背筋を伸ばして背中に軸を意識してみてください。
精密な動きをするパッティングでは

ゆるみは禁物ですからね。

ボール位置はスタンスの真ん中よりも左。
右に置きすぎるとインパクトでボールをつぶすような格好になりますのでボールがヘッドで地面に押し付けられて転がりが悪くなってしまいます。

僕の場合のボール位置は左足のかかとよりも、

少し右よりくらいです。

そして、インパクトではアドレスの時よりも

少しだけですがハンドファースト強まるくらいの状態を意識しています。
ただ、ハンドファーストに打つというよりも

ヘッドが走ったり、ロフトが増えて球に当たらないようにするための感覚です。

そして、パターの芯でインパクトするためには
手首やひじを締めるという感覚でストロークしていきます。
ストローク中に手首やヒジがぐらつくと

ロフトが変わったり、ヘッドが走ったりしてしまい

距離感が合わなくなってしまいます。

これらのことをあなたも意識してパッティングの練習を行ってみてください。
まとめると
・パッティングは毎回芯で打つこと

・アドレスはほんの少しだけ左足体重

・背筋を伸ばし背中に軸を意識

・ストローク中は手首は固定する

・ボール位置はスタンス真ん中より左

今回の内容は以上になります。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

あたりまえに80台、70台を出していきたいという場合、

再現性の高い正しい体打ちスイングを作る方法をメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ初心者でも80台、70台を当たり前に出せるようになる無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク