スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのパットが上達するための方法をお伝えしたいと思いますね。

 
というわけで、今回のテーマは【グリッププレッシャーは強弱より一定が正解】です。
これはスイングでも同じことが言えます。

 

 

結論言いますとパッティングでグリッププレッシャーというのはアドレスからストロークが終わるまで一定にしてください。

テークバックした瞬間からインパクトのあとまでグリップする強さというのは一定にしてください。

 

 
どこかの瞬間に多くは切り返しとかインパクトとかでグリッププレッシャーを強くしてしまう人が多いですね。
グリップの力を強めてしまったら、動きは大きく乱れてしまいます。

 

軌道がわるくなってフェースの向きもくるってしまいます。

 

 
グリッププレッシャーの一瞬の変化によって狂わされてしまうということになります。

 

 

グリッププレッシャーを一手にすることと、スムーズなリズムでストロークすることにはパッティング上達の秘訣があると言っても過言ではないですからね。

 

 

アドレスしてから、クラブのソールを持ち上げたら、そのときの握りの強さを意識して、ずっとその握りの強さをキープすることができるように心がけるべきです。

 

 

球を打つという事よりも、やはり転がそうと意識することは、パットの成功に大きく影響してきます。

 

 

でも、パッティングのストロークの場合は、グリッププレッシャーを軽くすることが唯一の選択というわけではないです。
ストロークを通じてずっと同じにできるなら、グリッププレッシャーは強くても弱くてもいいという事も言えるのですが、基本僕は柔らかく握る方が好きですね。

 
これはどっちが良い結果になるかはご自分で試してみながら判断されるといいですね。
そして、これも数値化するほうがプレッシャーのかかった場面などに確認しやすくなりますからね。

 

グリップの強さを1から10程度に分割してその中のどのくらいの力感なのかを見極めておく方法もおすすめします。

 

途切れない流れが良い結果を生み出してくれる。

パッティングを行う前にこれも大事なんですがルーティンがあります。
パッティングだけではなくて、これはショットでも同じことが言えますよね。
パッティングのリズムとテンポ、そして動き自体も一定にそろってきます。
なので、結果が望むものに近づいてくるというわけです。

 

 

ルーティンというのは基本的に自由です。

人それぞれです。

 

 

個人個人で自然に出てくるものだと思っていいです。
個性的であってもかまいません。

 

 

どんなものであっても、つねに一定になるように組み立てていく必要があります。

なので、プロのルーティンを真似するというのもいいですね。

 

 

これからルーティンをつくろうという人は必要最小限の要素を盛り込んだおすすめのタイプを紹介しておきますね。

 

 

そしてまたご自分でしっかりアレンジを加えていったらいいと思いますね。
ではそのルーティンなんですが、グリーンを読み終わってから転がすラインとスピードのイメージを決定します。

 

ここから流れを作っていくのです。

 
タッチをイメージしたらその感覚を忘れないように、素振りをします。

 

 
素振りをしたら、今度はそのイメージが消えないうちに素早くアドレスに入ります。
アドレスの入り方としては、まずはフェースの向きを打ち出したいラインに合わせます。

 

 

そして、アドレスをつくりはじめるわけです。
アドレスの作り方についても以前お伝えしたのでここでは省きます。
ラインに合わせるようにラインに合わせるためにアドレスするために目印を見つけておきます。

 

 

そして、アドレスしたら目印とボールの間で視線を往復させます。
そして、何度かイメージしてしっかりとイメージが固まったらイメージ通りに打てるという自信が出てくるはずです。

 

 

これを確認できたら、目線をボールに戻してそこから1回も止まることなくストロークを始めるという事です。

 

 

 

この流れを自然なものとして、自分の中に定着するまで練習することが大事ですね。
コースで3ラウンドは試して行っていただきたいと思いますね。
例えば、少し早いタイミングで打ちたいという場合では途中の要素を省いたらいいのです。

 

 

またはこれではあわただしくて間を取り切れないという場合どっかにワンテンポおいたらいいということです。

 

今回の内容は以上になります。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前にスコアー80台、70台を出していくための再現性の高い正しい体打ちスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

メルマガではブログには書けない濃い内容も配信しています。

repoto
スポンサードリンク