スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

 

ゴルフ侍トシです。

今回もあなたのゴルフ上達に力になれたらと思います。
ということで、今回は、【自分に適したパッティングのスタンス幅の見つけ方】です。

フェースを打ちだしたい方向に向けることができたらアドレス7割がた成功したと言っても過言ではありません。
あとはどういかにストロークしやすいようにするか体をセットすることが大事ですね。

そして、そのポイントの1つになるのがスタンスの幅ですね。
これに関してはセオリーと言われるものは特にはないです。

例えばですが、松山英樹プロはワイドスタンスで構えます。

 

彼の場合ショットのスタンスもやや広めです。

これは脚力の強さを使いたいからということが言えますね。

 

下半身をどっしりとさせて、バックスイングでは上体を捻じったら、切り返し以降では右足を蹴って下半身のパワーを炸裂させていきます。

 

 

パットのストロークには下半身のパワーというのは必要ないですが、松山プロはショット同様に下半身をどっしりとさせています。

 
パットでも土台となる脚部に力を入れてしっかり固定しています。

 

 
そして、上半身の大きな筋肉を使って打っています。

逆にリッキーファウラーとかタイガーウッズはスタンスを狭めにとります。

 

 
スタンス幅を狭くすることによって、脚力ではなくてバランスで立って頭の先から足の先までが1本の棒のようになりますので、軸のイメージが作りやすいというのがあります。

 

 

ともにパットに関しては、軸を中心に体の回転でストロークするタイプなので、比較的狭めのスタンスをとっているというわけですね。

 
なので、あなたもまずは自分だけのストロークのしやすさを考えてみて、自分に合ったスタンス幅というのを考えてまずは立ってみることをお勧めします。

 

 

これが自分に合っているのかどうかははっきりしないという場合、まず肩幅くらいのスタンス幅で立って、そこから広げたり、狭めたりしていきます。

 

 

そして、アジャストしていきましょう。

 

フェースを向けたら左サイドへ意識を持っていく

 

繰り返しになりますが、パットのアドレスでは一番重要なのはフェースの向きです。

 

 

ターゲットにフェースを向けたままストロークして、狙った方向にボールを転がせるのであれば、他の部分にこだわる必要というのはないですね。

 

 

パットはショットと違って、小さなアクションで済むわけですので、基本的にボールを打ちそこなうという事がありません。

 
でも、ほとんどの人がスタンスとか体のライン、そして体重配分とかアドレスのチェックポイントをいたずらに増やしてしまいます。

 

 

そして、結果的にフェース向きに対する注意が散漫になってしまいます。

 

 

結果的にせっかく合わせた向きが狂ってミスパットになってしまうことがよくあります。

 

 

構えをチェックするのであれば、フェースの向きというのは狂わない程度にすることで十分なんですね。

 

 

たとえば、フックラインのパットではフェースを目標に合わせたら、たまたまクローズドスタンスになった。

 

 

またはスライスラインでアドレスしたらたまたまオープンスタンスになったとします。

 
このような場合でも、フェース向きがあっていて、なおかつ違和感なくストロークできるのであれば、そのまま打てばOKです。

 

 

スタンスラインを気にするあまりに、フェースの向きが変わったり思った方向に打ち出せなくなるというのであれば、その方が問題ということですね。

 

もちろんこれはプロも同じです。

 

 

力感とかグリップの感覚をきにする人はいるものの、どれもフェースの向きほどこだわりはない。

 
プロの場合はターゲットに対して意識が高いので、構え方にそれほどこだわらなくてもミスは少ないのです。

 

 

でも、多くのアマチュアの場合は練習中でも自分の立ち方とか打ち方とかそういったものを気にしすぎます。

 
これが全く不要というわけではないですが、少なくてもストロークの始動時ではターゲットに意識がないといけないという事です。
プロはこれを左サイドが大事という表現をします。

パットでは1も2もなくフェースをターゲットに向けること。
そして、ボールをターゲットに転がすこと。

こういったことが至上命題です。
これさえ実行で来たら、あとは適当でいいわけです。

また、お先にパットを打つ場合は、構え方を気にする人ほど外しやすくなってしまいます。
フェースの向きに対する意識が薄いからなんですね。

打つ前には必ずですが、自分側からターゲット側に意識を切り替えることが大切なんですね。
入れるにしても寄せるにしてもこれは大事な事だと思います。
今回の内容は以上になります。
あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、
あたりまえにスコアー80台、70台を出していくための再現性の高い正しいスイングを作る方法に関してはメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃い内容を配信しています。

 

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク