スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。
それでは今回のテーマは【ストロークとリズムとテンポ】です。
パッティングでも言えることですが、リズムというのはかなり大事ですね。

 

 

やはりリズムがいい人の方がゴルフが上手いということが言えますからね。
リズムというのは狭い意味で言ったら、バックスイングとダウンスイングのタイミングになります。

 

 

均等な「拍子」を刻むかの如く、上げて、下すという動きのバランスを取りたいわけです。
上げる動きと下す動きが均等ではなくて、どちらかを特別強調するような「突拍子」もない状態になっ

てしまったら、スムーズなストロークの動きにはなりえないということが言えます。

 
また、つねに拍子が揺れ動くようでは、ストロークの軌道とかフェースのっ向きが安定するはずがないですからね。

 

 

リズムが正確でそ労ようになったら、ストロークの中の全身の動きは整っていきます。
そして、安定してきます。

 
テンポはその「拍子の速さ」のことです。

 
人によっては歩く速さが違うように、スイングとかストロークにおいても心地よく動ける速さは違うという事ですね。

 
まずはそれを見つけることが大事ですね。

 

目を閉じて、パターを振ってみたらいいですね。
目を閉じてパターを振ってみたら、軌道とかフェースの向きの事は忘れて、ただ単に振ってみようとします。

 
最も心地よいと感じるスピードを探し出すという事ですね。

 

 

何も考えることなく、打つのです。

 
「お先」のパットのテンポを確認するのもいいですね。
できたらメトロノームを使って数値として確認しておくことが望ましいと言えますね。

 

 

パッティングにおいてはトーナメントプロでもアマでもあまり差がなくて、60~80ビートというテンポになると言われています。

 
その範囲の中で様々試していき、自分が心地よいと思えるテンポを調べて、それを基準としていけばいいだけの話です。

 

 

でも、自分が心地よいと思えるテンポ。そしてベストな結果を出せるテンポというのはイコールであるということは限りませんからね。

 

 

「練習で結果のいいテンポを見つけることをおすすめします」

と言いたいところなんですが、練習と本番とでは緊張感が違いますからね。

 
なので、当然結果も違ってくるというわけです。

 

 

もとめることは本番での結果です。

 

 

これが全てです。
だからここは本番の数回を犠牲にすることになるかもしれませんが、本番で試して本番でベストな結果の出るテンポを見つけることですね。

 

 

これが究極の目標となります。

 

 

リズムについては少しだけ補足として広い意味で言ったらルーティンからの流れもリズムということが言えます。

 

 

自分の番になった瞬間から停滞なくリズミカルに動くことができるようになることです。

 

プレーはスムーズで余計な要素がつけいる可能性を排除することになります。

自分のタイプというのをしっかりと把握する

自分のリズムとかテンポについては、性格とか体型といった要素が影響すると考えられています。

 

 

でも、毎分ですが60~80ビートという目安の中で確かめようとしても、微妙な違いの中からベストを見つけることは難しいと感じる人は多いですね。
まずは極端に速いテンポとか遅いテンポを試してみるという事ですね。

 

 

どちらの結果がいいのか?

 

心地よさは感じないかもしれませんが、結果がよくなる可能性はありますからね。
試してみないことにはわからないわけです。

 

試すことでもともと自分が速いタイプなのか?それとも遅いタイプなのか?
こういったことが見えてきますからね。

 

これはコースでの状況対応に生かすことができるのです。
状況対応が可能になるという事です。
ストロークのテンポによっては出球のスピードを変えることができるということは、覚えておいて間違いないことだと思いますね。
下りのラインでは出球のイメージというのは遅くなるものです。

だからストロークのテンポが速い人というのは、下りではイメージを出すことが難しくなるわけです。

 

 

それがわかっていたら、テンポの速い人は下りのラインで少しテンポをゆっくりストロークする意識をもつと対応がしやすくなるということです。

 

 

ストロークのテンポの遅いタイプの人で打ち切れないミスが多い場合は少し速くしてみるのもいいですね。
ただ、速くしようとすると力がはいってフェースの向きが狂いやすくなるという事もあります。

 

 

これも気を付けておきたいポイントですね。

また、走ったり傾斜を上り下りした直後とかもそうですね。

 

 

心拍数が上がっているので、テンポも速くなっていきます。

 

 

無理に押さえようとするよりも、こういった場合には速くなることを覚悟した方がいいです。

 

 

どちらがいいかわからなかったり、これからテンポを一定にする感覚を身に着けたいという段階であるなら多少速めのテンポをおすすめします。
力んだときに打ち急いだ時に結果に大きなずれが出ないからです。

 

 

また、強風下ではゆっくり振ることは難しいですから普段から速いほうがこうした状況でも対応できる点も見逃せないポイントですね。

 
そして、フルショットからアプローチ、そしてパッティングまですべてにおいて言えることなんですが、同じリズムとテンポにするという教えもありますね。

 
逆にそれは違うという教え方もあります。
ことなる場合、パッティングのテンポではフルショットよりも速くなるという事はよくあります。

 

 

これは人によってはどちらの可能性もあり得ることなんで、自ら試してから結果が良くなる方を選んで行った方がいいですね。

 

 

というわけで、今回の内容は以上になります。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

 

当たり前に80台、70台を出していく再現性の高い正しいスイングを体で覚えたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみください。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク