スポンサードリンク

7b94f4192a4901b6a23911783fac97b1_s

 

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのパット上達のためにお伝えしていきますね。
というわけで、今回のテーマは【フェースの合わせ方、カップは無視する】です。

 

素振りからセットアップに入るはじめの動きなんですが、フェースの向きを打ち出す方向に合わせることをしていただけたらと思います。

 
結論言いますとあなたも理解していただけると思いますがカップの方向ではない。ということです。

 

もちろん真っすぐのラインではカップのセンターになりますが、真っすぐのラインってほとんどないですよね?

 

曲がるラインの場合ははじめに打ち出す方向にしっかりとフェースの向きを合わせることです。
これがい大切なんですね。

 

 

そして、もうすでにこの段階でカップをターゲットとして意識していないということが言えます。

 
ボールの後方でラインを確認するときに、フェースの向きを合わせるために目印を1点に決める必要があります。

 
ライン上、もしくは遠くなったらこのラインからは離れて、打ち出し方向の延長線上にあるスパイクマークとかゴミとか芝の葉っぱとかそういったものを目印として使うといことです。

 
よく数十センチ先にスパットを設定すると言われますが、この距離にこだわる必要はないです。

 

この目印とボールの間の視線を往復させることをルーティン化するのです。
でも人によってもしくは状況によってこれをやりやすい位置とか間隔は変わります。

 

目印を近くに置くことによってフェースの向きを合わせやすくなるというのは確かです。

 

でも、近いことによってカップまでの距離が出しづらくなってしまいます。

 

距離についての意識が薄れてしまうからです。

 

また、近くの目印に合わせてもそれがわずかでもずれてしまっていたら遠くに行けば行くほどズレが大きくなってしまいます。

 

目印を遠くへ設定したら意識はターゲットに行ってしまいます。

 

なのでタッチを合わせやすくなりますが、フェースが正確に目標に向いているかどうかを確認することは少しですが難しいですね。

 
なのでその折り合いとして近くと遠くに目印を2つ設けるという事をします。

 

 

近い方で方向を確かにして、遠い方で距離感を合わせるというわけです。

その2つの点は直線上に取ることになります。

 

目印2つとボールの間で視線を往復させるのも一直線ですみます。

 

 

この場合、2つを均等に意識するというのではなくて、やっぱりターゲット意識を持つためにも遠くの方をより重視することです。

 

割合的には遠くと近くとで9対1くらいの差があっていいと言えます。

 

 

また、状況によっては変えることも効果的であるということが言えます。
例えばですが下りはカップの手前に目印をつくることでタッチの出し方自体も短めに転がしてあとは傾斜で進んでいくフィーリングになりやすいということ。

 
逆に上りではカップの奥に目印を設定することで、届くタッチで打ちやすくなるという事です。

フェース向きを確認する方法

ぜひあなたにもやっていただけたらと思う事なんですが、フェースを目標方向に向けることはセットアップに置いて最も重要だと思ってください。
ここで1つ問題となるのが目印に向かって正しい向きでフェースをセットできるのかどうか?

 
これをまずは技術の基本として練習を積み重ねていき、感覚で掴んでいく必要があります。

 

これは1度身に着けてしまったら2度とは忘れることのない感覚とは違います。

 
たとえばですが自転車に乗る技術などとは違うということです。

 
フェースの向きについての感覚は同じパターを使っているとしてもつねにずれが生まれる可能性が高いです。

 
なので、日々確認する必要があると思っておいた方がいいです。

 

 

毎日真剣に球を転がしている人であっても知らず知らずのうちに狂いが出てくることもあるデリケートな部分なんです。

 

 

このようにずれがあることに気づいていないと他のすべてを適切にセットアップしてイメージ通りにストロークができたとしてもボールはほとんどカップにはいってくれません。

 

それなのに、ストロークが悪かったとかあるいは読みが間違ったと本来悪くはない要素に入らなかった原因を見つけないといけなくなります。

 
こうした部分に自信がもてなくなることがコースでは最も避けないといけないことなんですね。
フェースがどこを向いているのかを確認するためにはフェースに装着してレーザーを照射するタイプの器具などが便利ですね。

 
またはラインの後方からビデオを撮ってもらって確認するわけです。
仲間に頼んでボールの後方から見て確認してもらうとかですね。
これが確実な方法ですね。

でもこういったことができない状況でも方法はあります。

 
スタート前の練習でアドレスしたフェースにぴったりとボールの箱の面をあてがっていったん構えを解いてからラインの後方に回って確かめる方法があるのでこれならだれでもすぐにできますね。

 

普段の練習ではどんなドリルの前にもフェースむきをしっかりと目標に向ける事が出来ているかどうかを確かめる作業としてあなたも実践していただけたらと思います。

 
ずれてしまっているのにストロークの練習をしたところで無意味であるということが言えます。

今回の内容は以上になります。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、当たり前にスコアー80台、70台を出していくために再現性の高い正しいスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。
メルマガではサイトには書けない濃い内容も配信していますのでお楽しみに。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク