スポンサードリンク

パッティングは全体のストロークの約40パーセントぐらいを占めているので比率的に見てもとても重要となります。

しかし、パッティングはショットに比べるとダフったりトップしたりすることが少ないので、

まだ自分自身のスタイルが決まってない方とか、パッティングに悩んでいてこれから上手くなりたいという方は今回お話しするパッティングのグリップについて参考にしていただければと思います。

 

では、まずパターの握り方からですが

通常のショットの時の握りは右手小指が左手人差し指の上にくるオーバーラッピンググリップや、右手小指を左手人差し指に絡めて握るインターロッキンググリップが主流ですが、パッティングの場合はこのどちらでもない握り方をします。

 

右打ちのプレイヤーの場合左手の人差し指が右手の小指の上にくる握り方をします。

これは通常のショットのにぎりに対してリバースオーバーラッピングと言われている形になります。

パッティングはこのリバースオーバーラッピンググリップで握る方の数が圧倒的に多いと思います。

リバースオーバーラッピングで握ってない方は一度試してみると良いかと思います。

 

そして、この時にショットと違う点がいくつかあります。

パターのグリップをリバースオーバーラッピングで握ってそのまま手を広げていくとショットのときは指の付け根かもしくは若干もう少し指寄りで握っていたのに対してパターのグリップでは手のひらの方で握るようになります。

rh5yy5

 

そして左手も同じように広げていくと手のひらで握るようになります。

次に腕とシャフトの関係性についてですが、アドレスして構えた時に前腕(肘よりも下)とシャフトの角度というのが比較的まっすぐになるようにします。

 

パッティングでは前腕とシャフトの関係が直線になるようにアドレスすることが大事です。

ドライバーやアイアンなどのショットの時には前腕とシャフトの関係が直線ではなく角度がつきます。

tg5j5uj5

 

ショットの場合はスイング中にリストコックを行います。

リストコックは手首を折る作業でショットの場合はこのリストコックをする必要があるのでどうしても上の画像のようにアドレスした時に腕とシャフトに角度が付きます。

 

でも、パッティングの場合はほとんどリストコックを使う必要がないので前腕とシャフトのラインは直線になります。

tey35u35

 

パッティングでは手首の角度を含めて前腕とシャフトの関係性がストレートになるように構えます。

このようにちゃんと構えができているか確認するには鏡などを見て確認するといいと思います。

 

まとめますと、

  • パターの場合グリップは両手とも手のひら側で握る
  • 左手の人差し指が右手の小指の上にくるリバースオーバーラッピングで握る
  • アドレスで構えた時に肘より下(前腕)がシャフトと一直線になるように構える

パッティングのグリップの握り方や構えについて基本的な部分を話してきました。

これらが出来ていなかったという人は今一度鏡を前にして握り方と構えを確認してみることをお勧めします。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論をメルマガ限定でお伝えしています。

あなたも短期間でゴルフ初級者からスコア80台で当たり前に回れるようになりたいという場合はお楽しみください^^

 

repoto
スポンサードリンク