スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

 

 

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
というわけで、今回のテーマは【パットはバックスイングを無視してカップインの確率が上がる】です。

 
パッティングの上達においてターゲットに対する意識が大切と繰り返してお伝えしていますが、こういった意識をもってストロークをつくっていくとバックスイングとか切り返しでは体の右側でのストロークよりもフォロースルー、つまり体の左側でのストロークのイメージがふくらんでいきます。

 

 

実際にターゲットに意識を集中したら右側でどう上げてとかどう下ろそうとか意識は消えていくものなんですね。

 

 

たとえば「このラインに乗せて転がそう」などという意識が明確にあったら、バックスイングで自分のベストの軌道から多少ずれたとしてもですが、ダウンスイング以降では自然に修正されます。

 

 

でも、右サイドに意識があったらこのずれに対して過剰に反応してしまうんですね。

 
手先で小細工してより複雑にしてしまうというのがあります。

 

 

プロとか上級者もよくやる練習のひとつに、フェース面をボールにつけてセットアップしてそこからバックスイングをせずに、つまりヘッドを前に出すだけでボールを転がすという練習があります。

 

 
ボールがラインに乗るように送り出すわけなんですね。

 

 

これは瞬間的にはじくのではなくて、ボールをフェースにくっつけたままごろごろと押し出すようにしてラインに乗せてターゲットに向けて転がしていくという感覚なわけです。

 

 

左サイド、つまりインパクト以降でのフォロースルーでの体の動きをこの練習で覚えて通常のストロークでも再現するというわけです。

 

 

左サイドの動きをどうやってつくるのかによって、ストロークの成否がかかっているんですね。

 
左側で勝負がきまってしまうというわけです。

 

 

これを重視することが非常に重要なんですね。

 

 

フォロー側の振り幅を大きくしていく

ふり幅で距離を打ち分けるという人もいますが、この「ふり幅」には気を付けることです。

 

「ふり幅をこれぐらいにしたらどのぐらい転がるのか」というロジックではありません。

 

 

ここでお伝えしていますふり幅というのは、左右対称の振子でイメージされています。

 
そして重視されるのは右側の振り幅です。

 

 
つまりトップということなんですが、でも意識するのは右側ではなくて左側です。

 
「このぐらい転がすためには、どれぐらいの振ることがいいのか」はフィニッシュ、つまり左側で意識されることです。

 

 

右側のふり幅というのはその結果、自然に決まるものにすぎないという事です。

 

 

ヘッドをやや加速させながら球に当てるのがベストです。

 

 
加速しているときはヘッドの動きが安定するからです。

 
ヘッドが手に引っ張られて加速する間はフェースの向きとかロフト角がぶれる余地なくインパクトへとリードされていきます。

 

 
球に当たり負けてぶれる心配もありません。

 

 

逆に減速しているタイミングでのヘッドの動きというのは不安定です。

 

 

ひもの先についた重りを引っ張っている間ならば重りの動きは安定しますが、ひもがたるんでいる瞬間は重りの動きが不安定になることを思い浮かべれば理解しやすいと思います。

 

 

減速するのは大きくバックスイングをあげてしまったときです。

 

 

「これでは打ち過ぎる」と察知して、その結果大きく緩めてしまいます。

 

 

加速しながらインパクトしようとすればバックスイングは小さくなります。

 

 
左右の振り幅を5対5とイメージするより、右が4.5対5.5を明確に意識するほうが確実です。

または、4対6、もしくは3対7でもいいくらいという専門家も少なくありません。

 

 

フォローの大きさで距離感を出すという人がいますが、これもフォローのふり幅を大きくすればするほどインパクトでの加速の度合いが大きくなっていきます。

 
なので、これに応じて転がりを伸ばすことができることをあらわにしているというわけです。

 
いつのショート気味で悩んでいるという場合は少しだけでもこういったことを考慮してからフォローを大きくすることで対応できることがあるということを知っていただけたらと思いますね。

 

 
上りのラインへの対処にしてもフォローを大きくすることにしてもいいと思います。

 
でも、無理に手を使ってヘッドを加速させるなどはよろしくありません。

 

 

フィニッシュの位置をトップに比べて遠くに設定することで、そこまでの助走距離の中で自然にヘッドを加速していくことができるという感覚だけでOKなんですね。

 

 

というわけで今回の内容は以上になります。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、当たり前にスコアー80台、70台を出していくために再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けていきたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク