スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

ゴルフ侍トシです。
ロングパットを寄せるときもショートパットを沈めるときも、

多くの角度から時間をかけてラインを読みますが、
いずれの場合も漠然と読んではダメということです。

 

ショットの前になんとなく素振りをするのと一緒で
単なる儀式と化してしまったら意味がないですからね。

 

 

情報を得るために、効率よく動くのはもちろんですが、
ホールが変わってもやることや手順は同じです。

 

つまり、ボールを打ち終わってフィニッシュをとるまでに何度も同じルーティンで動くという事です。

 

 

その動きは意図的でなくてもこれまでやってきた流れとリズムが自然と身についた癖みたいなものです。

 

よくルーティンの中にボールを転がすしぐさをする人がいます。

 

でも、基本的なルーティンに咥えただけで、リズム自体は変わりません。

 

多くの人がグリーンを読むのに割ける時間は毎回大きく変わりますが、
時間の長短にかかわらず一定のリズムでフィニッシュまで行けるようにすることを考えていただきたいと思います。

また、きょろきょろしなことです。

ラインを読むのは一点集中の作業です。

 

なので、周囲から情報を収拾するのであればいいですが、
ラインを読むとなったときにきょろきょろしてしまったら結論が出ません。

なんだか難しい話をしているなーっとあなたは思うかもしれませんが(笑)

たとえば、ボールの後方からラインを読んでいるとき

「反対からはどうなっているかな?」このように考えたり

思い付きでボールの周辺を見たらポイントを絞ることができずに

有益な情報をゲットできない確率が高くなってしまう。

 

 

見習うべきはタイガーのように一点集中。

アイ、オブ、ザ、タイガーという言葉があるように
ぼーっと読んでいたら目のピントが合わなくなってしまいます。

傾斜があるといえ、その上に乗っている限りにおいて、グリーンは平坦と感じる場所。
長くいるほどこの意識は定着します。

 

おまけにライン上でピントを合わせるものはボールとカップぐらいです。

途中にはのっぺりとしたグリーンがあるだけで、焦点を合わせるところがないわけです。

 

 

なので、気づかぬうちにぼーっと見るだけになることがあります。

これを防ぐために一旦じーっとボールを見ることです。

 

 

集中力とピントを合わせるために普段から身の回りにボールを置いておき、ランダムなタイミングでそれを見ます。

 

 

こうすることでグリーンを読むときにも集中力が生かされるようになります。

スパットの設け方

ラインを読んでボールの転がりをイメージしたら

打ち出し方向に適当なスパットを設定します。

 

 

これはほとんどのゴルファーが行っていますが、
ほとんどの人がラインの種類にかかわらずボールの先20、30センチなど同じ距離の場所に設ける傾向があります。

 

これに対して、上級者はラインや距離によってスパットの場所を変えています。

たとえば、下りのパットは近くに、上りのパットは遠くにという感じにスパットを設定します。
下りは距離に対して弱く打つ。

 

出球のスピードが遅いので、離れたスパットを通すのが難しいからです。

このため、比較的に近い場所に設けることになります。

 

逆に上りの場合は強めに打つため出球の速度が速いです。

 

多少離れていてもスパットを通しやすくなるので遠めに設定します。

 

また、フラットなら、目標が近く方向を合わやすいショートパットは近めで
ロングパットは少し遠めに設定することが多いです。

 

 

ロングパットでは近めに設定した場合スパットの位置が違っていると
どんどんカップから離れてしまいます。

 

 

これに加えて、最近はダイレクトスパット方式を取り入れる上級者やプロが増えています。

 

 

上りならカップの先に、下りなら手前に仮想カップを設定してそこに入れるつもりで打つ人が多いですね。

 

 

スライスなら左、フックなら右に仮想カップを設定します。

 

これらの場合にイメージする仮想カップに変わって、仮想ボールをイメージするのがダイレクトスパット方式です。

 

 

途中にスパットを設定することはありません。

たとえば、30~40センチオーバー目に打つなら
カップの30~40センチ奥にボールが転がるビジュアルを頭で描いて

転がるボールをスパットにします。

 

わずかな下りならカップまで結構な下りならカップの手前1.5メートルまでイメージの中でボールを転がしてやります。

 

その後は傾斜で自然に転がすというわけです。

ダイレクトスパットのメリットはタッチが出やすいという事です。

近場にスパットがないので方向があわせづらいように感じるかもしれませんが、

なれてくるとフェースの向きも狂わない。

 

 

近くにスパットを設定していた場合
その位置が違っていたらアウト。

 

それならいきなり遠くで合わせた方がタッチも出ていいだろうという発想です。

 

 

方向性に関してはヘッドのすわりが良くてフェースの向きが分かりやすいパターを使うと
カバーできるかもしれません。

 

 

タッチが合って入れたら、カップの近くに運べるから、距離感が出せない場合は試してみたらいいと思います。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前に80台、70台を出していける再現性の高い正しい体打ちスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガは濃い内容を配信しています。
ゴルフ侍トシ無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク