スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。

今回もあなたのゴルフ上達のために
よろしくお願いいたします。

 

というわけで今回のテーマは【下りのラインの対処法 ラインの乗せるだけに集中】です。

 

 

速いグリーンの場合、下りのラインでは加速して止まらなくなるような感覚があります。

なので、芯を外して打って、転がりすぎることを防ぐというテクニックもあります。

 
結論言いますと、そうれでいい結果が出る人はそのテクニックを使ったらいいと思います。

 

 

でも芯を外すということはギア効果によって打ち出しで余計な回転がついてしまうので、確実に転がりが悪くなってしまうんですね。

 
それによって、ラインがずれてしまって入らなくなる傾向が高くなるわけです。

 

 

確かに下りの場合はやさしくボールを打つために、芯を外してもそんなにフェースの面に影響が出ないという事もあります。

 
理想というなら、芯に当てつつしっかりと距離を調整しながら転がせればいいわけです。

 

 

芯に当てて「いい転がり」をさせるけど、その代わりに「距離が出すぎない」工夫をいくつか仕掛けておくというわけです。

 

 

たとえばですが、アドレスを小さく構える。

 

またグリップを短く持つ。

 
グリップを少し強く握ってヘッドが走らないようにする。

 

 
ストロークのテンポを遅くする。

 
フォローを少し短くするなどが考えられます。

 

 

でも、パットの上手な人の多くは下りのパットを苦手としません。

 

 

その理由は「どこまで転がすか」という目標地点を手前に設定する。

 

 
つまり、転がす距離が短くすむのでストロークのブレが出にくいことが考えられるわけです。

 

 

さらに、いわゆる「入れごろ、外しごろ」と言われる下りのパットは触れるだけでもその距離がでるのでラインに乗せることに集中したら、距離感を考えなくてもよくなります。

 
つまり意識が一点ですむので楽なんですね。

 

 
いずれにしても、下りのパットは届かせれば、入らなかったとしても次の「返し」は上りのパットとなります。

 

 

しかもカップを過ぎた後の転がりをしっかり確認して置いたらそのパットのラインの速さも学習済みという事になります。

 

 

なので、自信をもって挑むことができるパットになります。

 

 
「触っただけなのにあんなにオーバーするなんて」という嘆いたままのネガティブな気持ちで挑んだら「オーバーの次はショート」という悲しい3パットになりかねません。

 

 

なので返しのパットはオーバーしたことなど忘れて、そのラインでどこまで打つのかをしっかりとイメージして挑むことが大事ですね。

ピンを持ってもらう

距離感はすでに誰でも持っています。
キャッチボールなどを例に出していますが、これまでシンプルにその事実を理解してほしかったためにあえて説明していませんでした。

 
キャッチボールのターゲットとパッティングのときのターゲットは1点違いがあります。

 

キャッチボールのターゲットにしても紙くずを放るターゲットであるゴミ箱にしても、高さ、幅、そして奥行きがあります。

 

つまり3次元の物体であるということ。

 
それに対して地面の点は幅と奥行きがあるとしても高さがないわけです。

 

 

ターゲットがもしもカップそのものだとしたら、高さについてはグリーン面から下がった領域に「深さ」として実在することになりますが、視界の中では把握しづらいものとなります。

 
幅と奥行きだけという2次元からたった1要素、高さが加わるだけにより、つまり3次元で物体を把握することで、距離感は飛躍的に出しやすくなります。

 

 

そして、グリーン上で「高さ」の要素を出してくれるものに、旗があります。

 

 
カップ位置が見づらいようなロングパットの場合、キャディさんとか同伴競技者にピンを持ってカップの脇に付き添っていてもらうことは一般的にも行われていますし、規則で認められているのでこうした依頼は積極的に行った方がいいです。

 

 
というわけで、今回の内容は以上になります。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいという場合、
僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82を出したスイングのキモを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

repoto
スポンサードリンク