スポンサードリンク

64782c3fa902ef28fd92169d4fb1a7fb_s

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達に役立てていただけたらと思います。
今回はパッティングの上達のために、
昨日に引き続きお伝えします。
というわけで、今回のテーマは【下半身固めてショルダーストロークでパット上達】
結論言いますと、パッティングは下半身を一切使いません。

パッティングのストロークは下半身を一切使わずに上半身を使います。

とくにショートパットの精度は下半身をどれだけしっかりと固定できるかどうか?

下半身をどれだけしっかり固定してストロークができるかどうかにかかっています。
下半身というのはあなたが想像する以上に力を入れて
できるだけ動かないようにします。

ストローク中に下半身には外側へ向けてテンションをかけるようなイメージを持つと、
固定しやすくなる人も多いでしょう。
そして、手首やヒジの角度も固定したまま、
肩をシーソーのように動かしてストロークしていきます。

ここで大切な事として
ストローク中にヒジや手首などの間接が動いてしまったら

自分のイメージよりもクラブヘッドが動いてしまいます。
そして、距離感のコントロールが難しくなってしまいます。
本来はストロークはスムーズに行うために
手首やヒジはあまりガチガチに固めたくないわけですが、
多くの人はグラつきますので、距離感が合いません。
なので、あなたがどうしても距離感がそろわないという場合は、
自分の感覚以上に手首やヒジ、そして下半身を固めて使うようにした方がいいかもしれません。

右手の平をフェース面と連動させる

イメージとしてはアプローチでもそうですが、
右手の平をフェース面と連動させます。
どこかにフェース面を感じながらストロークすると方向性を出しやすくなります。

なので、僕の場合は右手の平の人差し指の付け根あたりにフェース面を感じています。
ストローク中に手首がグラついてしまったら
右手のひらの向きも変わってしまいます。

右手にフェース面を感じて、その向きを変えることなくストロークで来たら
フェースの向きもロフトも変わることなく安定したインパクトを作り出すことができます。

右ワキを軽く締めて、

右手首の角度を変えることなく

右手首の角度を崩すことなく
胴体と右腕を連動させて
ショルダーストロークをするイメージです。
(肩でストロークする)イメージ。

僕は右手のひらにフェース面を感じているわけですが、

これはあなたも右手のひらではないといけないというわけではありません。

人それぞれで構わないと思います。

左手の甲という人もいますし
グリップを握る時に伸ばした右手の人差し指という人もいます。
なので、あなたも「こうしなさい!」というわけではないので
自分自身でフェース面を感じやすい

フェース面と連動させやすいポイントを見つけて

そこを安定させる感覚を磨くことをお勧めします。
今回の内容は以上になります。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいという場合、
当たり前に80台、70台を出すためのスイングのキモの部分はメルマガ限定でお伝えしています。
メルマガではブログには書けない濃い内容も配信しています。
ゴルフ侍トシ無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク