スポンサードリンク

64782c3fa902ef28fd92169d4fb1a7fb_s

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達に役に立つ内容をお届けします。
パットを打つ上で大事な事の1つに構えたときのフェースの向きがあります。
パットの構えを作るうえで最も重要視する必要があると僕は思います。
構えるフェースの向きによってその後のストロークの成功率の80%が決まると言っても過言ではないと思います。

やはりパットはねらったところに打てなかったら入ることはありませんので、万が一入ったとしてもそれはまぐれでしかありません。

ならば、フェースというのはどこに向けたらいいのか?
これについてあなたは考えたことはありますか?
結論を言いますと、間違いなく言えることはボールを打ちだす方向にフェースを合わせる必要があります。
これは誰でも分かることだと思います。
たとえば、バールからカップまでがまっすぐで切れる要素がゼロというラインなら話は簡単ですね。

この場合はカップのセンターにフェースを向けたらOKですからね。

ロングパットならライン上にスパットを見つけて、そこにフェースを向けることもいいでしょう。

でも、残念なことにそんな率直なラインは存在しません。

左右どちらかに切れる可能性が高いわけですからね。
そうなると話はややこしくなってきます。

打つ強さによってボールの切れ方というのは変わってきますからね。

つまり打ちだし方向が変わってしまうわけで、同じラインでも人によってはフェースを向ける方向が異なってくるわけですからね。

でも、どんな強さで打ったとしてもひとつだけ言えることがあります。

それはフェースはブレークポイントではなくて打ちだし方向に向けるという事ですね。

ブレークポイントに向けて打っていてはラインに乗ることはないです。
打つ強さによって変わりますので、一概には言えませんがライン全体の3分の1、もしくは4分の1あたり手前の地点にフェースを向けないとナイスパットは望めないという事です。
なので、アドレスでもこの向きにフェースを向けるという事を忘れないようにしてくださいね。

効き目の下にフェースを置くこと

効き目ってあなたは知っていますか?
人は誰でも左右どちらかの目が効き目です。
フェースの向きをチェックするためには構えた状態で飛球線の後方から人に見てもらうというのが確実です。
でも、これは毎回それをやってもらうわけにはいきませんよね。

コンペとか競技となったらプロのように帯同キャディがいないことには難しいです。

そこで、おすすめになるのが効き目の下にフェース面をセットするという方法です。
左右いずれかの目の下にフェース面が来るようにヘッドを置いて構えるという事ですよ。

ちなみに利き目の見つけ方は次のとおりです。

まずは、両手の親指と人差し指で三角形を作ります。
そして、適当な対象物を見つけて、それが三角形の真ん中におさまるように両眼で見ます。

その次は左右どちらかの目をつむって、三角形の中にある対象物を片方の目で交互に見るというわけです。

こうしたときに対象物が三角形から大きくはみ出さずに見える目が利き目になります。

アドレスではフェースの向きを合わせることが一番大事。
そして、最優先させるのはこの部分。
次にラインを読んで打ち出し方向が決まったら、必ずフェース面というのは打ち出し方向に合わせるようにすることです。

基本的にフェース面の真上辺りに利き目がくるようにするということです。

 

通常は両目の真ん中あたりにボールを置いているとしたら、右目が利き目という場合はやや右よりにボール位置をセットするという事ですね。

 
逆に左目が利き目の場合はボール位置というのは左寄りにセットするというわけです。

 

また、一般的にボール位置というのは目の真下あたりと言われますが、
これにもこだわる必要はありません。

 
傾向としてはやや遠目においたほうがフェースの向きが合わせやすくなる人も多いです。

 

 

もちろん目より内側に置いた方が合わせやすければそれでOKです。

 

 

ボールの位置を色々と自分で変えてみて、フェースの向きが最も合わせやすいという位置を見つけてみてください。

 

今回の内容は以上になります。

 
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前に80台、70台を出していきたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク