スポンサードリンク

80b0098e0a5ba3a9f5b918f97d6d7c7c_s

ゴルフ侍トシです。

自分がパットを打つ前にヒントになるのが一緒にラウンドしているプレイヤーのパットですね。
ラインが同じであるなら切れ方とか適切なボールスピードもわかります。
もちろんラインが違っていても有益な情報を得ることができます。

 

たとえば、カップの反対側から打って大きくショートしたら
見た目よりも上りがきついということが言えますし、
反対サイドから打った人ボールがスライスしてきたら自分のサイドからは

フックする可能性がたかいということも分かります。

 
でも、気をつけることがあって

それは参考にする対象の人がどんなパットをしたかです。

 

 

同じライン上で先に打った人があまり切れなかった場合、

強く打ち過ぎている可能性もありますし、上りをショートした人は

もしかしたらインパクトがゆるんだミスパットだったのかもしれないのです。

こうなると参考になりません。

 

 

逆に迷わされることにもなりますしね。
これを防ぐためにどうしたらいいのか?

 

人のストロークを見ないこと。
打った後のボールの転がりだけを見ること。

 

 

ボールのスピードと転がり肩だけに注目すること。

そして、どれぐらい切れるのか?

 

 

または、どれだけスピードのアップダウンがあるのか?
これをチェックする必要があります。

 

 

曲がり方とかスピードに関してはすでに人が手を加えられない部分です。
ボールはグリーンに身を任せているのでとても正直ですね。

たとえミスパットだったとしても
「この速さなら届かない」
「これは強すぎてオーバーする」
このように判断する材料になります。

 

 

切れ方に関しても同じで
「ぜんぜん参考にならないわ」
といって、一刀両断するのではなくて

想像力を膨らませることです。

 
そして、人のパットを見るときの位置取りですが、一番いいのは

打つ人から見て体の正面か、背後でそのプレーヤーの視界に入らないように距離を置いて

フックラインなら打つ人のお尻側からスライスラインなら顔側から見るといいです。

 

 

ボールが自分に向かってくる低い側から見た方が傾斜や転がり方を見やすいからです。

たとえば、高い建物を見るときは屋上から見るよりも地上から見た方が高さがわかりますよね?
これと同じで自分と同じラインを打つ人の後方から見たい時は
打った後、後方に移動してみることです。

 

 

邪魔にならないところから見るのはもちろんですが、自分の影が人の視野に入ったり
ラインインかからないように注意することが大事です。

 

キャディに聞くときの注意

基本的にキャディに過度に期待しないということ。

 

多くのコースで専属のキャディ、いわゆるハウスキャディがいたのは昔の話ですね。
なので、カートを回したり、ボールの行方を追ったり、クラブを持ってきたリ
そういったことはできてもグリーンを読むことができないキャディさんは多いです。

 

 

なので、できればはじめに読めるかどうかを聞いておいて、
読める場合のみキャディに聞くようにしたほうがいいです。

 

聞くことはできればどれくらい曲がるかだけで
グリーンのスピードについては聞かない方が無難です。

 

速い遅いなどは本人の物差しで言ってることが多いですからね。

 

 

速いと言われたからと言って過剰になって打てなくなってしまうという人も多いですからね。

 

 

逆に遅いと言われて意識して打ち過ぎてオーバーしてしまうという事を僕も経験してきましたので。
なので、最終的な判断は自分で下すという事を決めておいた方がいいです。

 

 

あなたもセルフプレーがほとんどだと思いますが、
キャディに頼ることなく自分でラインを読めるように練習した方がいいですよ。

 

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合
当たり前に80台、70台を出していける再現性の高い正しい体打ちスイングを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシ無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク