スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

お世話になります。

ゴルフ侍トシです。
パターのグリップについてです。

あなたがパッティングが上手くなるために

今回も役に立てたらと思いますね。
パターのグリップで満たすべき条件として
手首を使いにくくするということが言えます。

その点でもパームグリップというのは優れています。
パームグリップと対局に位置するのがグリップ部分を指の関節で留めるように握るフィンガーグリップです。
ドライバーとかアイアンとかはもっぱらフィンガーグリップで握りますが

これはリストを柔らかく使えるというのがあります。

ショットでボールをとらえるためにはヘッドスピードを上げなければなりませんがそれには手首の柔らかさが欠かせません。

フィンガーグリップはそうするのに最適なグリップということが言えますね。
その点で、パッティングではヘッドスピードはいりません。
手首が使いづらいパームグリップで握ってもストロークに支障が出ないだけではなくて、方向性が合いやすいメリットを享受することができます。
なので、高速グリーンで戦うプロにとって手首の動きを抑えることは重要なんですね。

両手の感覚を開けたスプリットハンドとか右手を上、左手を下にしたクロスハンドとかみんな手首の動きを封じる効果の高い握り方をしています。
パームグリップで握った上で右手首を曲げてロックして、肩の回転だけで打つプロも多いですからね。
また、同じパームグリップで握ったとしても、
人差し指を伸ばすのと曲げるのとでは手首の使い方に差が出ます。

指を伸ばすと手首が使いづらくなりますし、曲げると使いやすくなりますし。
逆オーバーラッピングで握った場合では、左手の人差し指を伸ばすと手首をロックしたままストロークしやすいという事が言えます。

ただ、そのぶんフィーリングは出にくくなってしまいます。
指を伸ばすことによって、手首とヒジの関節にストレスがくるので、繊細な感覚が出ないというわけですね。

どちらを選ぶかはプレーヤー次第ということになります。

でも、多くのアマチュアの人は手首をこねてしまうので、指を伸ばすスタイルがおすすめですね。

このスタイルとかクロスハンドで練習をすることによって、手首をロックする効果も期待できるというわけです。

なので、ぜひあなたも試してみてくださいね。

次にパターのグリップで満たすべ条件があります。
それがグリッププレッシャーなんですね。
グリップを握る力です。
プロとか上級者になってくるとパームグリップが多いです。

このグリップは両手でパターを挟むように握って、パターを吊るように持ちます。

そもそもがギュっと力を入れることができませんので、グリッププレッシャーは弱くなるわけです。

多くのプロがグリップは緩く握るという事を口をそろえていっています。

グリッププレッシャーが弱いとなると、構えたときにヘッドの重さを感じられます。
そして、ある程度ヘッドの重きに任せたストロークをすることができます。

その結果ですが、ヘッドの動きは安定することになります。
そして、打つ前に力んで思わず手に力が入ってインパクトでパンチが入ってしまった、もしくはフェースの向きが狂ってしまったという経験をしたことがあるという人もいるでしょう。

これらのミスはグリップをゆるめに握ってヘッドを吊るように構えることで減らすことができるわけです。
グリッププレッシャーは手首の動きを抑制するかしないかで変わります。

たとえば手首を使わないように右手をロックすれば、グリッププレッシャーは強めになります。
逆に手首を使いたければプレッシャーを弱めなければなりません。
こう考えた場合、ロングパットになってくるとリストワークが使える方がいいですよね。

そして、ちょっとゆるめに握っておくのがベターなんですね。
実際にプロがグリーンの外とかカラーからパターを使うケースではアプローチの感覚で自然に手首を使っているわけです。

反対に下りのショートパットなんかでは、完全に手首をロックしたいときにはグリッププレッシャーをつよめにしてゆっくり握るということが良いですね。

ついでに言っておきますが、持つ長さも距離に応じて変えると効果的ですね。

ショートパットは短くて、ロングパットは長く持つという事です。

30センチのパットを打つときではパターのグリップを極端に短く持ったら外れる気はしません。
また、ロングパットでは長く持った方がヘッドの遠心力が使えるので視野も広がるというわけですね。
なので一言で弱めに握ると言っても、プレッシャーのレベルは人それぞれで。
どれくらい短く持つかも本人次第です。

基準は常に自分の中にありますので、色々試してタッチの出るゆるさとか強さとかを見つけてみてください。

今回はパッティングの上達に関するためにお伝えしてきました。
あなたのゴルフ上達に役立ててみてはいかがでしょうか?
最後にあなたが当たり前に80台、70台を出していくために
再現性の高い正しい体打ちスイングができる詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク