スポンサードリンク

7b94f4192a4901b6a23911783fac97b1_s

ゴルフ侍トシです。
今回もまたパッティング上達についてお伝えしていきたいと思います。

 

というわけで、今回のテーマは【セットアップ後ボールよりどこに運ぶかを考える】です。
セットアップをつくっていくとによって、ストロークをはじめる流れに入りますがここではまだボールを見ないでいいです。

 
結論言いますとボールを見てしまたらどうしても「打つ」という感覚に入り込みやすいからです。

 
なので、ボールは見なくても構えられる。

 
つまりセットアップの開始ではフェースの向きを合わせることであって、ボールのすぐ横にパターヘッドをセットするにしても見ているのはフェースであって、ボールは意識しなくていいということです。

 

そして、フェースと目印の間で視線を往復させます。

 
この途中にボールがあるということ。

 

でもこれは意識することなく目を通過させるだけでいいです。

 
ボールを見るよりターゲットを見るという事です。

 

 

または頭の中に描いているボールが転がるイメージを見ているという感覚です。

 

 

意識は自分の下に向けるのではなくて、左側、つまりターゲット方向に向けておくことが大事だということを何度もお伝えしている通りです。

「ボールをどこに運ぶのか?」という目標地点を意識しておくことが大切になります。

 

ゴルフはボールが止まっています。
止まっているボールを見ることは弊害しかありません。

 

 

でも、転がっている仮想のボールを見るという事はプラスになります。

 
これだけでも明確なイメージというのは湧きやすくなります。

 

 
なので、そのとおりに打てやすくなります。

 

 
これは実はパッティングでだけ言えるのではなくて、アプローチでもショットでも同じことが言えます。

 

 

ショットの場合は「当てたい」「当てよう」などという意識がどうしても湧きやすいです。

 

 
でも、パッティングのように小さなふり幅の場合は当たらない心配はありません。

 

 
それならボールは見なくてもいいと割り切ってしまった方がいいですね。

どこまでボールを転がすかをイメージすること

 
多くのレッスンでは「仮想カップ」という言葉が使われます。

 

 
「ここにカップがあると思って打ったら、ラインの影響で結果的に曲がって入った」という距離と方向の位置のことです。

 

 
でも、上級者やプロは「仮想カップ」という言葉は使いません。

 

 
なぜなら、平らで真っすぐなラインだとしてもカップをターゲットとして打つわけではないからです。

 

 
もっともカップインするのは、カップから30~40センチオーバーする強さで転がるボールだということが実証されているからです。

 

 
なので、ほとんどのプロはこの強さで打っています。

 

つまりカップを過ぎて30~40センチのところがターゲットになっているわけです。

 

 

プロの多くは「ボールをどこまで転がすか」を意識しています。

 

 
「仮想カップ」を意識するよりはボールの到達地点を「仮想ボール」と意識していると言い換えることができます。

 

 
そこまで転がしたら、その途中にあるカップに吸い込まれるはずと考えるわけです。

 

 

曲がるラインでは、方向と距離の計算をして、自分自身が設定した「仮想ボール」に向かっていって、そこで止まるタッチを出していくわけです。

 

 

これは上りも下りも当然同じであるということが言えます。

 

 
仮に下りの場合はカップの手前に設定して、そこまで転がして、あとは傾斜にまかせるわけです。

 

 
上りではカップの向こう30センチ~40センチよりも遠くに「仮想ボール」を設定します。

 

 
そしてそこまで転がすことを心がける。

 

 
決して「強く打つ」というニュアンスではなくて、運ぶというニュアンスです。

 

 
仮想カップでは上級者やプロのイメージからするとアバウトでぼやけてしまうからというのがあります。

 

 

直径108ミリの目標というのは大きすぎるわけです。

 

 

そして、カップではその中に「落ちる」という意識がどうしても入ってしまいます。

 

 

これではどこまで転がる強さなのかがアバウトになりやすくなります。

 

 

でも、「平らなところを止まるまで転がす」というイメージなら距離感も妥協なく突き詰めていくことが可能なんです。

 

 

これが上級者やプロのパッティングの感覚です。

 

 

なので、これはあなたも真似していただきたいと思います。

 

 
ちなみに下りのラインでは芯を外して打つ人もいますが、パッティングをシンプルにするためにはどんな時も仮想ボールまで真っすぐ芯でしっかりと打つことを意識していただきたいと思います。

 

 
あなたの今後のパッティング上達に役立てていただけたらと思います。

 
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前にスコアー80台、70台を出していきたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 
僕がゴルフをはじめてたったの半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみに。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク