スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

ゴルフ侍トシです。
今回はパッティングについてです。
まあ、ほとんどの人がパッティングの練習ってあまりしていません。
コースでぶっつけ本番的なノリでパッティングを行っているわけですけど、

ゴルフってスコアーと縮めるためにパッティングって重要ですから
やっぱりあなたにはパッティングしっかり練習していただけたらと思います。

パッティングでよく【芯に当たらない】という悩みを抱えている人が多いです。

結論言いますと、芯に当たらないと入る確率は激減します。
距離感、ボールの転がり、パッティングで重要な要素であるストロークの正確性というのは

球を芯でとらえることができるかどうかによって大きく変わります。

で、ほとんどの人が芯でとらえることができません。

芯でとらえようと思っても芯でなかなかとらえることができないのはなぜか?

それは、ストローク中にひざが動いてしまっているというのが1つの原因になります。

しっかり球をパターの芯でとらえるためには
ストローク中にひざは動いてはいけません。

ほとんどの人が球の行方が気になって、ストローク中にひざが動いてしまっています。
ひざというのは固定です。

パッティングで膝は絶対に動かさないことが大事です。
そうしないとパターの芯で球をとらえていくことができなくなるからです。

でも、意識してもどうしても膝が動いてしまうという人も多いです。

膝がどうしても動いてしまうという人はアドレスで膝をピーンと伸ばしたままストロークしてみてください。
そうすると膝が動くということをおさえることができますので、パターの芯で球をとらえやすくなります。
ちなみに僕は膝をピーンと伸ばしてはいませんが、
試しにやってみたらあなたも分かると思います。
膝を伸ばしてアドレスしてパッティングすることによって、膝が固定されやすくなりますので、
ブレが抑えられて芯で球をとらえやすくなるのです。

実はこれだけでもかなり足を固定することができるんですね。
後は目の使い方にもあります。

自分がいかに目をコントロールすることができるかどうか?

よくヘッドアップしたということを聞いたり言われたことがあると思います。
つまり頭が動くという事です。

とくにショートパットになると構えたところの視野の中にカップが入ってくるので
そうするとどうしても目の動きがカップの方へむかいやすくなります。

目でカップに入るボールの行方を追ってしまいやすくなります。

入れたい方向へ向かって頭が動くわけですが、
これは頭が動いている前に目が必ず先に動いているわけです。

なので、その結果頭が動いてヘッドアップしているということになるのです。
目の動きが重要なんです。

なので、目をできる限り固定すること。

膝がしらと目を固定しながらスムーズなストロークを掴んでいくことがパッティングで球を芯でとらえる上で重要な要素になります。

この感覚がつかめてくると必ずだれでもパッティングの名手になれます。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、
周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合、
80台、70台を当たり前になるスイングのキモをメルマガ限定で伝授しています。
【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法

repoto
スポンサードリンク