スポンサードリンク

7b94f4192a4901b6a23911783fac97b1_s

 

ゴルフ侍トシです。

今回もあなたのゴルフ上達のために力になれたら幸いです。

 
というわけで、今回のテーマは【芯から少しぐらいずれても気にしない】です。

 
パッティングがうまい人は当然芯で打っています。

 
これは100パーセント言えることです。

 
芯で当てれば転がりはもっともよくなります。

 

 
そして、同時に安定します。

 

 
ねじれなくストレートな回転でエネルギーを伝達することができます。
繊細なタッチを生かすことができます。

 

 
エネルギー効率にロスがなくて、イメージと結果にギャップが生まれないからです。

 

 
芯に当てたときのみ、インパクトの衝撃でフェースの向きがぶれることなくストロークできますが、芯に当てることができないとフェースの向きはぶれてインパクトの時のエネルギーをロスしてしまうことになります。

 

 

芯を外したらよくドライバーのインパクトで説明されることが多いですが、ギア効果という作用によって打球に余計なスピン(回転要素)が加わってしまいます。

 
例えばトゥ側にずれたインパクトではトゥが開くため右へ出ますが打球にはフック回転がかかります。

 

 
ヒール側であれば逆に左に出ますがスライス回転になります。

 

 

左右だけではなくて上下でも同じ現象が起きます。

 

 

芯よりも上にずれてロフトが寝ると同時に順回転がかかって、下にずれたらロフトが立って逆回転がかかります。

 
なのでこうなってしまったら意図せぬ方向、意図せぬスピードで転がりだしてしまうわけです。

 

 
しかし、これと相殺する方向にスピンがかかっているために悪影響はそれほど出ません。
だから「芯に当てよう」という意識をもったときの悪影響の大きさを考えたら「少しぐらいはずれてもいい」と割り切った方がいいということが言えます。

 

 

だから「芯に当てよう」とすると、動きからスムーズさが消えていきます。

 

 
こうなるとリズムがくるってきますし、また結果として最も避けるべきであるフェースの向きが多きく狂ったインパクトが起きてしまうことになります。

 

 

その方が芯に当たらなかった打球よりも結果的にずれが大きくなってしまうのです。

芯に当てることよりも意識するのは「ラインに乗せて転がす」こと。

 

 
ここに集中してストロークして「その結果芯に当たった」というのが理想ですね。

 

 

実際に、多少芯を外してしまったとしても、ほぼイメージどおりのスピード方向で球は打ち出されるものなんですね。

 
それに多少方向がずれてしまったとしても、それをギア効果によって生み出された捻じれた回転によって吸収補正してくれることも期待できます。

 

 

なので、絶対に絶対に芯に当てないといけない。

このように考える必要はほとんどありません。

 

 

こう考えたらストロークの技術としては必要な安定性はそれほど高くなくても良いと考えることができるようになりますからね。

 

芯に当てる技術を磨こう

 
芯に当たらないから芯に当たる練習をしなくていい。というわけではないですね。
もちろん芯に当てるために練習をする必要があります。

 

 

「当てようとしなくても、単に振れば芯に当たる」

というように、練習としてはしっかりと取り組んでおく必要があります。

 

 

そこまでいかないとしても、その前の段階である「常に一定以内のズレにおさまる」レベルには到達しておく必要があります。

 

 

そのレベルになっていたら意図どおりの方向へ打ち出すことも距離の打ち分けも「戦えるレベル」にまでなりますからね。

 

 

でも、芯に当てようとしてもなかなか当たるものではないです。

 

芯に当てる技術は少し違う方向からアプローチをするべきなんですね。

 

 

これは音と手ごたえに集中して練習することです。
芯で打つ技術は耳と手で磨くもの。

 

 

芯で打てたかどうか目で確かめるという事は難しいですからね。

 

 

確かめられるのは耳と手になります。

耳と手の感覚を磨いておくと、音と手ごたえによって芯で打てたのか?

 
トゥ寄りで打てたのか?

 
またはヒール寄りで打てたのか?
このようにズレを判別することができるようになります。

 

 

まずはパターのネックを手で持って、フェースを上に向けて上からボールを落としてみてください。

 

 

コンコンコンとフェース上の色々な部分にボールを当てたら芯がどこにあるのか?というのが分かってきますよ。

 
手ごたえが全く違うところでそして済んだ音の出る一点とか、あるいはエリアがあるはずですからね。

 

 

パターの形状にもよりますが、芯は真ん中とは限りませんからね。

 
トゥとヒールの間のどこなのか?

 

 
上面と底面の間のどこなのか?

 

 
まずはこれをはっきりと確認することをした方がいいです。

 

 

この作業をすることによって、芯で当たったときの音と手ごたえを記憶することができるからです。

 

 

これを確認したら、その音、そして手ごたえが得られるインパクトはどうしたら作れるのか?

 
音と手ごたえを頼りにして振り方を試行錯誤していただきたいと思います。

 

 

グリップを少しですが短く持って、フォローを少しですが低く出すとか、いろいろなイメージを試していく中で自分なりの答えを見つけていくしかないと思いますね。

 

 

今回の内容は以上になります。
最後にあなたがゴルフを短期間で一気に上達させていくために

 
再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けることができる詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
メルマガではブログには書けない濃い内容を配信しています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク