スポンサードリンク

e879f7d2b52829061aaf423cc4c2efb2_s

 

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 

 
というわけで、今回も前回に引き続きで本番でどんどん入るパットの練習法についてお伝えします。

 

 
パット・イズ・マネー。

 

あなたもパットが得意になってスコアーをどんどん縮めていきましょう。

 

 

フェースに割り箸をはりつけて練習

 
パターが上達するためには芯で打つことが必須。

 

 
ゲーム感覚で取り組んで楽しく練習しながら
自然と芯で打てるようになる練習があったらどうですか?

 

 

やっぱり楽しく上達したいとあなたも思いますよね?

 

 
パターヘッドを手にもって、フェースにボールを当てて、
心地よい音と打感を得られる芯の位置を見つけます。

 

 

そこをはさんで左右に1本ずつ、短く切った割り箸をフェースに貼りつけてボールを打ちます。

 

 
芯を外したら割りばしに当たる程度の幅にします。

 

 
この練習を行うことによって、
芯の位置をはっきり正確に意識することができるようになります。

 

 

これがこの練習のいいところです。

 

 

芯については上下のぶれもなくしていきたい。

 

 
なので、割り箸を貼ることはできませんが、ぶれなく打てているかはフェース面に貼るシールで打痕を見るなどして確認してみてください。

 

 
こういった確認作業と修正を地道に繰り返し行っていくことによって、パッティングはどんどん上達していきますよ。

 

ウェッジを使ってボールの赤道を打つ

フェース面の芯の高さとボールの赤道を合わせて
インパクトする感覚を掴んでおくのも安定感に繋がります。

 

 
パターではなかなか分からないのでウェッジを使って、
パターと同じようにアドレスします。

 

 
そして、リーディングウェッジをボールの赤道に当てて、
きれいな転がりになるようにストロークします。

 

 

赤道よりも上に当たったらボールを地面に押し付ける状態となってボールは跳ねたり不規則な転がりになります。

 

 
赤道より下に当てるとフェースに乗ってしまって、
キャリーが出ます。

 

 

上下の芯に当てていれば、ヘッドの動き自体は多少アッパーブローでもダウンブローでも問題ありません。

 

 

あなたもぜひSWなどのウェッジをパターの持ち方でアドレスして
リーディングエッジがボールの中心に当たる高さで構えて、その高さを変えないようにストロークしてみてください。

 

 

打ち出し時は無回転で水平に進むのが理想的な転がりです。

 

コインを乗せてストロークする

パターヘッドの上面に平らな部分のあるパター限定となりますが、
その平らな部分に1円玉など小さなコインを乗せてストロークします。

 
コインを落とさないようにスムーズに
なおかつリズミカルにバックスイングとダウンスイングを行う事。

 

 

切り返しで急激にスピードを変えたらコインが落ちてしまいます。

 

 

この練習をすることによって、打ち急がないで切り返すリズムを身に着けることができます。

 

 

パターのバックフェース側の上にコインを乗せて、
落とさないようにストロークする。

 

 
これによってとくに始動と切り返しでのスムーズな動きとリズム感を身に着けることができます。

 

 

ペットボトルを使ってストロークを矯正する

 
2リットルのペットボトルを空にしておきます。
底面を額につけて、キャップ部分がカベに触れるようにして、つまりカベに向き合って、ペットボトルを額とカベで挟んでアドレスします。

 

 

ペットボトルが落ちないようにストロークして、ボールを打ちます。

 

 

頭の位置が上下、左右、前後のどの方向にも動かないことが求められます。

 

 

これは頭を動かさないことよりも、重心位置を動かさずにストロークすることが目的です。

 

 

これが達成できたらストロークの軌道もフェースの向きも安定します。

 

 
実際にペットボトルがつねに同じタイミングで同じように落ちるのであれば、
ストロークはすでに安定していることになります。

 

 

額とカベでペットボトルを挟む続けなくてもストロークが安定していると言えます。

 

 
毎回ばらばらなタイミングで落ちるような人は、ひとまず頭の位置を安定させて重心位置をキープする感覚を掴むことが先です。

 

ボールに線を引き回転を確かめる

僕もこれはいつも行っていることですが、
ボールに線を記入すること。

 
ボールに線を記入する器具などは市販されています。

 
記入する線のパターンもさまざまです。

 

 
これについては向き不向きがありますので、

色々なものを試してみるといいです。

 

 

線がボールの真上にくるように気を付けながら転がすラインに平行に置いたらきれいな順回転で転がすことができたとき、そのラインがはっきり見えます。

 

 
セットアップするときに転がすラインと直角の線があったほうがスクエア感を出しやすいという人は多いです。

 

 

構えたときにこの線がフェースのラインと平行になる。

 

 
線を入れるメリットはフェースの向きの確認、そして打ち出し方向のイメージ、ストロークの方向のイメージを出しやすくするだけではないからです。

 

 
ボールの後ろでラインを意識しながらボールの上の線をていねいにセットしておけば、アドレスしたときに目の位置、つまり頭や軸の位置、重心の位置がいつもと同じでないとこの線の見え方、並び方が違ってしまいます。

 

 

いつもと同じように構えているかどうかの確認ができるわけです。

 

太ももの間にクッションを挟んで練習

 

 
両太ももの間にクッションなどを挟んでストロークする練習もいいですよ。

 

 

スタンス幅に合わせてちょうどいいサイズのクッションを準備しておきます。

 

 

両太ももの間にモノを挟んだら脚の動きすぎがなくなります。

 

 
そして、土台が安定します。

 

 
下半身の動きが一定になることで、ボールコントロールが安定します。

 

 

このように両足にクッションを挟んでストロークの練習をするなどして、
飽きのこない練習に取り組んでみてください。

 

 
パットの練習が楽しくなること間違いなしですから^^

 

両脇にタオルをはさんでストローク

両脇にタオルをはさんでストロークすることで
手先を使わずに、腕を上半身と一体化させて、
上半身全体でストロークするフィーリングを強化することができます。

 

 
シャフトを脇に挟む練習方法もありますが、

その重量を保持するためだけの余計な力が必要となります。

 

 
なおかつ、シャフトをはさむと腕の位置が通常とは変わってしまいますので、本番のストロークとは違うものになってしまいます。

 

 

タオルをグリップに巻いてその上からグリップする練習方法もお勧めですよ。

 

 

グリッププレッシャーを途中で変えることなく、ストロークできます。

 

 

また手のヒラでフォールドする感触が強調されますので、
指を使わずに振る感覚もつかむことができます。

 

 
今回のどんどん入るパットの練習法をお伝えしました。

 

 
ぜひ、あなたもこのような練習を取り入れて
パッティングの腕を磨いていっていただけたらと思います。

 

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
スコアー80台、70台が当たり前に出せるようになりたい場合
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

 
僕がゴルフをはじめて、たったの半年でスコアー82を出した
スイング作りのキモの部分などもお伝えしていますので
あなたも最速でゴルフを上達させることができますよ^^
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク