スポンサードリンク

 

7b94f4192a4901b6a23911783fac97b1_s

 

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。
パッティング上達のためにやるべきことを書いていますが、パッティングというのはセンスではなく、誰でも練習することでうまくなれると僕は思います。
僕もパッティングの練習というのは色々と実践してきてサイトであなたにお伝えしていることは僕の経験を踏まえてパッティングが上達していったコツを惜しげもなく出していますので、ご確認いただけたらと思いますね。
というわけで、今回のテーマは【フォワードプレスによりスムーズなストローク】です。
パッティングを上達させるためにはルーティンの中で完全静止した状態を作らない。

 

できるだけスムーズにストロークをはじめたい。

 
でも動き続けてもなお「本番スイングの動きはじめ」になると動きが乱れてしまうという人は多いです。
あなたもこれに悩んでいませんか?

 

 

また緊張から始動のタイミングを見失ってっしまうという場合もあります。

 
なので、その繊細な作業をさらにスムーズに行うためにも、フォワードプレスを取り入れていただきたいです。

 

 

このフォワードプレスをルーティンの中に取り入れること。
これを行っている上級者やプロの方はおおいですからね。

 

 

代表的なのがフィルミケルソン。
ミケルソンなどはとても大きな動きでフォワードプレスを入れるので分かりやすいですね。

 
誰の目から見ても明らかに分かる。

 

 

シャフトを目標方向に倒すように手を動かしています。

 
そこからヘッドを上げ始めます。
逆にタイガーウッズなどは微妙な動きです。

 
シャフトの径の半分くらいをわずかにずらすように前に出してからバックスイングに移行します。

 
シャフトを前に倒すことによって、ソールの後ろ側が「離陸」しますので、バックスイングしやすくなるんですね。

 

 

ロフトが立つということも重要です。

 
シャフトをある程度前に倒した状態で打つことをあらかじめ想定してパターのロフトは作ってあります。

 

 

多少立てた状態でインパクトすることが基本とされています。

 

 

それではじめて球の転がりが良くなります。

 

 

フォワードプレスをすることによって、右手首が少しだけ折れて角度がつきます。

 

 

この角度をキープしたままバックスイングをします。

 

 

そのままダウンスイングをします。

 

 

ヘッドが遅れた状態になりますので、カラダでパターヘッドを引っ張る形になります。

 

 

なので結果的にヘッドの動きが安定します。

 

 

フォワードプレスの動きの大きさも含めて、そのスタイルは人それぞれであっていいわけです。
手の位置を動かして手首を動かして作るのも1つです。

 

 

この時に、同じように見えても左手の甲側に意識を置いてする方法と、右手の甲側に意識を置いてする方法があります。

 

 

他にはヒジを使ったり、両腕の三角形を動かす方法とかですね。

 

 

肩と上半身を使う方法とか、または体幹で行う方法とか、重心の移動を使う方法とか、このようにいったんダウンスイング方向に動かして、反動でバックスイングを始めるイメージになるんですね。

 

 

フォワードプレスをしない選手ももちろんいます。
例えば松山英樹プロはしませんが、かわりに両腕をやわらかく使い上下に動かすことによってこわばりを生まずにスムーズな始動につなげています。

 

 

このようにあなたもフォワードプレスを実際に行ってみてください。
フォワードプレスを行うことによって、ストロークが良くなって球の転がりが良くなったという方はたくさんいます。

 
まずはご自分が色々と試してみてフォワードプレスを実践した結果から「やったほうがいいのか?」「やらないほうがいいのか?」
試してみて判断することをおすすめします。
僕個人としてはフォワードプレスはやったほうがいいと言えます。

 

 

基本的にアドレスで無駄に力んで固まってしまうなどの場合は、絶対にフォワードプレスを取り入れるべきだと言えます。

 

 

今回の内容は以上になります。
最後にあなたが短期的にゴルフを一気に上達させたいという場合、80台、70台を出して周りのゴルファーをスコアーで圧倒して優越感に浸りたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
僕がゴルフをはじめて半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみください。

 

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク