スポンサードリンク

7b94f4192a4901b6a23911783fac97b1_s

 

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達に向けて
参考にしていただけたらと思います。
といわけで、今回のテーマは【パット上達は太いグリップで手首の動きを抑える】です。

 

フェースの向きの安定に関する格言として、忘れてはいけないものがあります。

 

 

それは「大きな筋肉で振る」ということ。

 
これはフルショットだけではなくてパッティングのような小さい動き、つまり小さいエネルギーしか生まれなくてもいい動きにも当てはまるものです。

 

 

手先を使ったらリズムというのは細かく乱れてしまいますからね。

 
また、インパクトでのフェースの向きが不安定になることが多いですからね。

 

 

プロとか上級者が厚手のグローブをはめてパッティングの練習を行っているのを見たことがありますか?

 

 

あれは手先の器用さを消して、鈍感な状態で使うためにイメージを深めているということが言えます。
プロとか上級者のように練習量を多く取れる立場にあるなら、「器用な手先」を積極的に使うストロークの仕方を追求することができるのではないのか?

 

 

と、あなたは思うかもしれませんね。

 

 

でも現代のような速いグリーンが主流となっている世界ではそのようなパッティングスタイルのプロは全くと言っていいほどいません。
多くは「手先を使いたくない」と思っているわけです。

 

 

現代のプロの間では太いグリップが流行っています。

 
これもこういった意図があるから太いグリップを採用しているというのがあります。

 
太いグリップを握ると手首とか指を使うことができません。

 
その結果、リズムが狂いづらくなります。

 
そしてグリッププレッシャーを変えることなくストロークすることができるわけです。
なので、結果的にフェースの向きが安定します。

 

そしてなおかつ手首の角度は変わらずに適切なヘッドスピードとロフト角でも打てるようになるのです。

 
なので距離感もよくなっていきます。

 

 

大きな筋肉とは指先とか手先以外のすべてととらえてもいいです。

 

 

手先を使わない場合、他の部分を必要なだけ動かさなければ、ストロークがつくれなくなってしまいます。

 

 

腕、肩、背中、お腹、胸などをはじめ、結果が良くなるのであれば下半身でもいいわけです。
イメージのしやすいところ、または狙ったラインに思い通りのスピードで打ち出せるという意識の仕方を見つけることですね。

 
下半身については止めるという意識は必要ないですが結果として動かないほうがいいです。

 

 

ストローク全体、そしてフェースの向きも安定しやすくなりますからね。

 

 

でも、ロングパットの場合というのは多少下半身を動かした方がいいですね。
手先の力を使わなくてもすみますからね。

 

 

遠くまで転がすことを考えるなら自然い出てくる動きにまかせるという考え方にしてほしいですね。

 
ショットでも下半身を動かしながらフェースの向きを目標方向に合わせているわけです。

 

 

パッティングでも下が動くから方向は悪くなるという事はそれほど気にしなくても良いということです。

 

 

手首を固定する

フルショットではスイング中に体の一部分を固定しようとする意識とか必要ありません。

 

 

止める意識があったら動きの繋がりを壊してしまいますからね。

 

また、十分な加速ができませんしね。

 

 

でも、パッティングのストロークの場合は加速が求められないだけに、あえて部分的にロックすることが許容されています。

 
とくにフェースの向きの安定とかこれを実現するにはやはり手首というのは固定するわけです。
ほとんどの人が採用しているのが左手首のロックですね。

 

 

左手甲を目標方向に向けて、それを変えないままストロークすると表現されることもあります。

 

 

左手甲とフェースをシンクロさせるわけですね。

 

 

そのため、向きとロフト角がぶれなくなるわけです。

 
そして出球を安定させやすくなります。
左手首を固めておくことでヘッドが余計に前に出ていく動きにブロックがかかるわけです。

 
左手に意識を集中して、右手は支えるだけの役割になります。

 

 

なので、右手でパンチを入れるというミスが出なくなるわけです。

 

 

低くフォローを出しながら長く球を押していくイメージで転がりをコントロールしやすくもなっていきますしね。

 
また、アプローチではよく使われるイメージですが、右手首の角度をキープすることも試していい方法の1つですね。

 

 

アプローチではヘッドの加速を抑えて、適正なロフト角でインパクトを約束しますので、出球がそろいます。

 

 

出球をそろえるという感覚はパッティングでもあっていい。

 
これによって距離感と方向が良くなることを期待できます。

 
でも20メートルを超えるパッティングのときでは手首の角度をリリースしてヘッドを加速させても良いです。

 

 

 

逆に手首を固定したまま20メートルの距離を転がすスピードを出すためには振り幅というのはかなり大きくするか、または腕を無理に速く動かなないといけなくなります。

 
なので、どちらも動きの乱れを生じさせる原因にしかならないというわけです。

 
そこで、手首の角度をほどいて加速させるわけですが、決して意図的にほどいて球を叩きに行くようなイメージではないです。

 
あくまでも「遠くへ転がそう」とする意識により、自然に手首のほどきが使われるようにしたいという事です。

 

 

他に固定するイメージを持ってもいいのはやはり下半身ですね。

 
これもやはり同じ長い距離を転がすときには自然に動いてしまって構わないということです。
というわけで、今回の内容は以上になります。

 
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、当たり前にスコアー80台、70台を出していきたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分を伝授いたします。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク