スポンサードリンク

eh5h5

 

ボールを同時に2個打つことによりパッティングが上達すると西山ゆかりプロは言います。

 

ゴルフでスコアに一番直結するのはパッティングだと思います。

 

ショットが良くてもパッティングがダメ・・・

 

パッティングが苦手な人は結局スコアをなかなか縮めることができません。

スコアを縮めたいのであればパッティングの練習は必須でしょう。

 

よく打ちっぱなしでショットの練習ばかりしてパッティングは全く練習しないという人もいると思いますが、パッティングの練習はスコアを縮めるにあたり最も大事ではないかと僕は思います。

 

というわけで、今回はそんなパッティングが上達する練習方法を紹介したいと思います。

 

 

パッティングが下手でうまく距離感を出せず、まっすぐにストロークできずに苦戦していたころがありました。

 

そんな時に西山ゆかりプロのパッティング上達の練習方法を知り実践してみました。

 

どんな練習方法かというと、

 

ボールを2個並べて同時に打ちます。

 

この時に同じ方向に2個のボールが打ちだされて同じスピードでこ転がることができればうまくストロークできたことになります。

 

しかし、インパクトで少しでもフェースが開いてしまったり、逆にフェースが閉じてしまったらボールはまっすぐに転がってくれません。

 

この場合、ボールは左右に散らばるように転がります。

そして、距離もバラバラになってしまいます。

 

パッティングのストロークを向上させるためにはこのボールを2個並べて打つ練習をしましょう。

 

まずは3メートルぐらいの近い距離でこの練習を行います。

 

この時に、打ちだしが大事になるのでしっかりチェックしましょう。

 

長い距離で練習するのもいいですが、この場合芝の状況や傾斜により、

ボールの転がりに影響が出てしまいます。

なので3メートル先ぐらいにカップをセットしてそれに向かって2個のボールを並べ同時に打つ練習をしてみてください。

 

ボールをスクエアにヒットすることができないと3メートルぐらいの距離でもボールが40、50センチ前後左右に散らばってしまいます。

 

ボールをスクエアにヒットするコツとしては腹筋に力を入れて、イメージは腹筋でストロークするぐらいの気持ちがあればOKです。

 

また、アドレスの時にボールのロゴマークを平行に並べます。

2個のボールのロゴマークを上に向けてボールのロゴのラインを目標に向けることによりフェースをスクエアに合わせやすくなります。

 

パッティングのストロークに悩んでいる方はこの練習を実践してみるといいでしょう。

 

また、これはコースに出た時のスタート前のパッティング練習にも最適だと思います。

 

ボール2個打ちをおすすめする理由はこのようにまっすぐなストロークを実現するために行うものだと思います。

 

なのでパッティング上達を目指すのであればおすすめです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク