スポンサードリンク

グリーンの傾斜を読むには低い位置から見るほうが良いと言われています。
でも、これは半分正解ですが、そのラインがスライスかフックかは判断できますが、実際にどれくらい切れるのかは読めないと思います。
そこでおすすめするのがカップよりも高い位置からラインを読む方法です。

まずは遠くからグリーンの全景を見て大まかな傾斜を見ましょう。

そして傾斜によってどれくらいボールが下がっていくかをイメージすることです。

そうするとラインの切れ幅が見えてくるのです。
グリーンに上がる前にまずは大まかな傾斜を見るという事ですね。
グリーンに上がると足元の傾斜が場所によっては変化するのでラインを見間違えやすくなります。

なので有効なのはグリーンに上がる前に全景を見る。

iweg2g

遠くから見た段階でグリーン上のどこが高くて、どこが低いかを確認することです。

そうすることによりラインの曲る方向がわかりやすくなるからです。
また、上りなのか下りなのか判断することもできるので距離感のミスを減らすことにもつながるのです。

ラインの切れ幅に関してはカップよりも高い位置に立って下り具合を確認しましょう。
そして、傾斜によってボールがどれだけ下るかをイメージする必要がある。
大まかな傾斜を把握して曲がる方向が分かったら高い位置に移動してその傾斜のくだりを確認することが大事です。

この時に立ったままで地面を見下ろすことでそのラインがどれぐらい切れるのかをイメージしやすくなります。
これがライン読みのコツになります。
ゴルフはパターが一番使用するクラブですから、パッティングが上達するためにはライン読みは欠かせません。
どっちに曲がるか?
そして、どのくらい切れるかが読めるようになることがゴルフのスコアを縮める上では大事なことです。
つまりパッティング上達がゴルフのスコアに直結すると考えたほうがいいでしょう。

 

僕はゴルフを始めた当初パッティングの距離感をつかむのに苦労しました。

ロングパットとか1メートル以内に寄せることなんてほとんどできませんでしたが、練習をつい重ねていくことによりそれができるようになりました。そしたら一気にスコアが縮まったのでパッティングの練習はやはり欠かせません。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク