スポンサードリンク

パット上達のための方法を今回も紹介したいと思います。
ゴルフが上達するにはやはりパッティングは重要な要素を締めますからね。
そこでタッチを合わせるという事が重要になります。

uyugug2g

 

パッティングのタッチをうまく合わせるにはどうしたらいいのか?
一般的にはストロークで距離感を作ると言われていますね。
でも、これはスピードの速いグリーンの話になります。
アマチュアの場合はプレーする一般営業のコースの中にはもちろん遅いグリーンもあります。
そんな状況の中定説通りにストロークしてしまったら、ロングパットではパターを振りかぶるぐらいに思い切り持ち上げないといけません。
目安としてはグリーンの速さが10フィート。

それ以下のグリーンの場合はふり幅ではなくてヘッドスピードの強弱を意識することにより距離感を合わせることが出来るようになります。
コースによってはクラブハウス前にグリーンのスピード表示があります。
スタート前にグリーンの状況を確認することも大事ですね。
クラブハウス内にコース情報が出ているのでそんな場合はプレーの前に確認しておきましょう。
一般営業のゴルフコースではパッティングのヘッドスピードにより距離感を合わせていくのが確実です。
よくふり幅で距離感を作ろうとしますが、そうではなくてロングパットで速く、ショートパットでは遅くとヘッドスピードを調節しながらパッティングすることをお勧めします。
ヘッドスピードに強弱をつけることによりパッティングの距離感がぐっとよくなると思います。
パッティングの距離感が合わないという場合は試してみるといいでしょう。
ふり幅で距離感を調節するのではなくて、ヘッドスピードで距離感を調節するという事を意識するだけでもゴルフ上達のヒントになると思います。

 

パッティングってやっぱり大事ですよね。

ゴルフで一番使うクラブってパターですからね。

パッティングが上達するだけでスコアはあっという間に縮むってよく言われますし、実際にラウンドしている人でショットは大したことないのにパッティングでショットのカバーができている人ってけっこういますから。

ゴルフはパッティングが全てではないですけど、パッティングが占める割合って大きいので練習は欠かせませんね。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク