スポンサードリンク

パッティングが大事だとこのブログでは頻繁にお伝えしています。

ゴルフはスコアを縮めるスポーツです。

そのスコアを縮めるために一番直結してくるのがパッティングではないでしょうか?
今回はパターの打ち方についてうまく打つためのコツを紹介します。
パターの極意は下半身にあります。
パッティングの方向性が安定しないという人はストローク中に下半身が動いていることが考えられます。
グリーン上ではパワーを必要としませんので、下半身はしっかり固定する必要があります。

そして、肩の動きだけでパターを振り子のように使いストロークするのがおすすめですね。

それがたとえ上級者でも気づかないうちに下半身に緩みが生まれることがあります。

そして、調子が悪くなると足から根が生えているイメージを持ってパッティングすることをお勧めします。

i4g34gtwg4
特にストロークが大きくなるロングパットの場合は、この足に根が生えているイメージを強く持ちパッティングしてみましょう。

ストロークが安定しないと方向性が出ません。
パッティングのストローク中で足が動くことにより、スクエアに構えたフェースをもとに戻しづらくなります。
つまり方向性が悪くなるばかりかこれでは距離感も安定してくれません。
安定感を得るためには下半身を不動にする必要があります。
そして、上半身だけでストロークをしたほうがいいです。

どうしても下半身が動いてしまうという人の場合は膝をしっかりと伸ばしてストロークしてみましょう。
膝をピンと伸ばすことによりストロークが安定することがありますからね。
今回はパッティングが良くなるヒントを紹介しました。
あなたもパッティングが課題だと思うのであれば、ストロークで下半身が動いてしまっていないかをチェックしてみてください。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク