スポンサードリンク

パッティングでグリーンのラインを読むことが出来ないとゴルフは上達しません。

グリーンは上り傾斜、下り傾斜、スライス傾斜、フック傾斜などさまざまですが、いずれにしてもラインを読んで狙ったところにストロークしてカップを狙っていきます。

 

今回はグリーンのライン読みについて話していこうと思います。

まず、カップとボールの逆サイドに来てラインのイメージを出していきます。

次にカップから1メートルの距離でまっすぐの位置にイメージを作ります。

先に入口を探すことを優先します。

まずはカップから1メートルぐらいの位置に目標を定めることにより入口から逆算してラインを想定していくことが出来ます。

ボールとカップを結ぶラインを想定していくためにはカップから1メートル感覚で逆算してラインを読んでいきます。

 

後は足の裏から感じる傾斜なども考えながら入口探しをしながらラインを決めていきます。

それで最終的にはカップから1メートル間隔でラインを決めていきボール位置までライン引っ張ってきます。

多くの方はボールの後方から見てカップまでのラインを想定しますが、逆にカップからボールまでのラインを想定する人は少ないと思います。

 

カップから逆算してラインを想定することにより、カップの180度を使って入口探しがしやすくなります。

そして、ボールがどこを通過して最終的にカップに入るのかをイメージして距離感を掴まないとライン読みは難しくなります。

 

tweg4g34

 

上図のようにカップからボールまでのラインを1メートル間隔ずつティーなどを刺して想定していくことによりライン読みの練習になります。

 

だいたいこのようなイメージを出しながらパッティングすることでラインの正しい読み方が分かってくるかと思います。

 

最終的にラインが読めるようになり、打ちだしの1メートルをまっすぐ打てるようになるとパッティングは思いのほか上達していきます。

 

ですので、まずは上図のようにグリーンにティーなどを刺してラインのイメージを目印として明確にし、この目印に沿ってパッティングする練習をするとライン読みの練習になりますし、ただボールの後ろからカップまでのラインのイメージを想定して練習するよりもはるかに効果的だと思います。

この練習を取り入れることでライン読みが上手くなると思います。

もちろん打ちだしの1メートルをまっすぐに打てるパッティング技術も必要となりますが、ここではライン読みに的を絞って解説してきました。

まとめますと、

  • カップから逆算してラインを決めていく
  • カップからまっすぐ直線で1メートルぐらい距離の入り口を探す
  • カップの180度を使い入口探しをする

これらの事を考えながらライン読みをしてみてください。

もちろんまっすぐのストロークができることが前提です。

まっすぐのストロークをするコツとしましてボールに目印のラインを入れて打ちたい方向に合わせるといいです。

こうすることでより安心してアドレスに入ることが出来ると思います。

ボールに目印を入れて打ちたい方向に合わせたら、それに対して直角にフェイスを構えてストロークすることが大事になります。

こうすることによりボールをまっすぐに打つことが出来るようになると思います。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク