スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

今回はフィニッシュから再現性の高いスイングができたかどうかについてお伝えします。

 

フィニッシュの形って意外に大事なんですよ。

こちらの動画でお伝えしているので確認してみてください。

再現性の高い正しいスイングができたら、フィニッシュでクラブを右手で持つということはありません。

左手でクラブを持ってボールの行方を見送っていきます。

 

このようにフィニッシュでは右手ではなくて、左手でクラブを持てているかが大事なポイント。

手打ちをして右腕が力んでしまっているとフィニッシュで右手にクラブを持ってボールを見送る形になってしまいます。

かっこ悪い見送り方になります。

再現性の高いスイングができたらフィニッシュで左手でクラブを握った状態でボールを見送っていくことができるようになります。

このようにフィニッシュでもちょっとした違いが出ます。

右手なのか?左手なのか?

実はけっこう大事なポイントなんですよ。

ゴルフが上手い人やプロはフィニッシュで右手にクラブを持っている人はいませんからね。

必ず左手にクラブを持っています。

これはフルショット以外のアプローチでも同じですね。

あなたがフィニッシュの形を今まで考えたことないという場合は、今回の動画でお伝えしていることをしっかりチェックしていただきたいと思います。

前回の記事でもお伝えしましたが、肩の回転がしっかりスイング中にできるようになると、フィニッシュでしっかり右肩が飛球方向に入っていきます。

肩の回転が正しく行えないアマチュアゴルファーの多くがフィニッシュで胸の面が飛球方向に向いてしまいます。

本来肩が正しく動いてくれると、フィニッシュで胸の面は飛球方向に対して左を向きますが、胸の面が左を向けない場合はダウンスイングを腕を力ませてクラブを振り下ろしている可能性が高いです。

スイングというのは肩の動きがとても重要なんです。

肩の動きが正しくできることでフィニッシュでは右肩が前に出て、飛球方向に入っていきますのでしっかり肩が回ったフィニッシュを迎えることができます。

 

これが再現性の高い正しいスイングを作るためには重要。

そして、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、80台、70台を安定して出していくことができるショットの秘訣について詳しい内容はメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

メルマガではサイトには書いてない濃い内容を配信しています。

 

repoto
スポンサードリンク