スポンサードリンク

フェアウェイウッドはアイアンと違いある程度ソールがあります。

そのため少々ダフったとしても飛んでくれますよね。

ソールがある分クラブが滑ってくれます。

なのでソールがあるため気持ち的には払う気持ちで打っていくといいです。

 

フェアウェイウッドがうまくなるためのコツとしてはまずは芝の上から直接打つのではなくて、ティアップをあえて高めにして打ってみることをおすすめします。

ティを高くすることによってクラブがスイングプレーンに乗りしっかり入らないことにはボールをしっかりとらえることができません。

体が前に突っ込んでボールの下をたたくなどするとテンプラになりますからね。

また逆にボールの上をこすってしまうとチョロになってしまいます。

なのでポイントとしては右肩や右腰が下がらないようにレベルにスイングする意識が必要となります。

ティアップを高めにして練習することで体が前に突っ込む癖を修正することができます。

とても良い練習方法だと思います。

まずは力をあまり入れることなくスイングしていきましょう。

そして、ティアップすることによって無理にボールを打ち上げようとする意識はなくなりますので、楽な気持ちでボールを払うようにしてスイングすることができると思います。

また、もう一つ大事なことですがしっかりフィニッシュを自分の位置に収めるということです。

まずはティアップして10球ぐらい打ってみましょう。

ティアップして打って慣れてきたら今度はボールを直接芝の上において打ってみましょう。

ティアップして3球打ったら芝の上から1球打つという練習を繰り返すことによってフェアウェイウッドがうまく打てるようになると思います。

 

今は7番ウッドや9番ウッドを使う人が増えてきています。

プロの方を見てもウッドで攻める人もたくさんいますね。

でもこれらのクラブは女性のほうがうまく打つ傾向があります。

それは男性の場合はロフトがあるためについ前に突っ込んで打ってしまう。

上からボールを打とうとしてしまうのです。

そうするとボールは吹き上がり、せっかくウッドで打っている意味がなくなってしまいます。

ではどんなことに気を付けてウッドは使ったらいいのか?

まずは体が前に突っ込んでいかないように注意すること。

片山真吾プロはよくウッドを使っていますが、見ているとトップの位置から絶対にクラブをあおったりまたはかぶせにいったりしていません。

 

きれいなレベルのスイングをしてボールを払うように打っていますね。

また、素振りもよくグリップの左右を離して握って素振りをしています。

これはどういうことなのかというと、スイングプレーンに沿って打ちたいからだと思います。

ウッドで打つ時はスイングプレーンに沿ったレベルスイングをすることがポイントです。

一番いけないのがインパクトで手をこねてしまうこと。

7番ウッドや9番ウッドはロフトがあるのでちょっと手をこねるだけでボールが大きく曲がっていきます。

なので7番ウッドもしくは9番ウッドを持つ時は上から打つとか上げようとか思わないことです。

クラブのロフトが自然にボールを上げてくれるのでレベルに振ることだけに意識を集中しましょう。

レベルに不利ボールを払うという打ち方が最も適していると思います。

この基本に忠実に沿ってスイングすることによって7番ウッドや9番ウッドをうまく打ちこなすことができるようになると思います。

ボールの上りはロフトに任せてボールを払うように打つことがポイントです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

 

repoto
スポンサードリンク