スポンサードリンク

hando4

 

ゴルフ侍トシです。

今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
今回のテーマは【手をコネる間違ったローテーションになっていませんか?】です。

 

 

フォロースルーでは手首を返すということ

を言われることが多いですね。

 
つまり腕のローテーションを意識して手首を返しなさい。

 

 

手首を返さないとヘッドスピードは上がらないよ。

 

 

という言い方をよく耳にします。

 

 

でも、手首を返すことによって、

ヘッドスピードというのは確かに加速するのですが、
「手首を返す」という意識をすると
ほとんどの人が間違って手首を使ってしまいます。

 
手首を強引に返す動きを入れようとします。

 
それによって、結果的に手首をコネてしまっているわけです。

 
コネる動きは球を引っ掛けるだけでなんのメリットもありません。

 

 

正しいフォロースルーは右手が左手よりも上になります。

 

 

フォロースルーの考え方として、

多くの人が誤解しているのが、
手首をターンさせるか、させないかです。

 

 

手を返すというイメージが間違っています。

 

 

正しくローテーションができたら
ダウンスイングで右手よりも上にあった左手が、

インパクト後には右手よりも下にきます。

 

 

この動きがあるからこそ、

ヘッドスピードは加速していくわけです。

 
よく手を返すと聞いて実践している人は手をコネています。

 
だから僕は「手を返すスイングはリスクが高い」という表現でお伝えしています。

 

 

手を返すスイングはリスクが高い。

 

 

もっと言うなら「手をコネているからリスクが高い」ということです。

 
手をコネる動き=フリック。
これはダウンスイングで開いて下りてきたフェースを

無理やり右手をかぶせる動きで返そうとします。
これがコネる動きです。
これに対して、
正しい腕のローテーションというのは、

インパクトゾーンの流れの中で、

左前腕が外側に、そして右前腕が内側に回ることで

自然に正しい手が返る動き(ローテーション)が発生します。
誤解している人が多いので
あなたも気を付けていただきたいのですが、

手を返す=手をコネる。になっていませんか?

 

 

正しい腕のローテーションというのは
左前腕が外側に、右前腕が内側に回る動きです。
これは「膝立ちで球を打つ練習をすることで身につきます」

ドライバーティーアップした球を
ヒザ立ちで打ってみてください。

 

 

これで真っすぐに打てるようになってくると、
自然と正しい腕のローテーションができるようになりますので、
スイング中に手を返すなどの意識とかイメージなどは必要なくなります。

 

 

あなたが勘違いして行っている手を返すその動きは、
「手をコネている」になっている可能性が高いですので、
ぜひ、手をコネる悪い動きは直しましょう。
手をコネる動きを矯正するのは水平素振りをすることもおすすめです。

 

 

後、補足としてお伝えしておきます。

 

ローテションが発生するタイミング

よく手打ちの人はインパクトの直前で手を返そうとしてみたり、
またはダウンスイングの初期段階で手を返そうとしてみたりします。

 

 

あたなも経験ないですか?

 

 

インパクトの直前で手を返そうとしてみると

フェースがスクエアに戻りきらずにプッシュアウト。

 
また、逆にダウンスイングの初期段階から
手を返そうとすると右肩が前に出て
アウトサイドイン軌道になって左への引っ掛けのチーピン。

 
もしくはカットスライス。

 

 

手打ちの場合はこうなってしまいます。

 

 

でも再現性の高い正しいスイングができていると

右腰の高さに下りてきたところから左右の前腕がそれぞれ回転し始めます。

 

 

イメージとしては自分の右サイドに居る人と
右手で握手をしたときの高さから、
左サイドにいる人と左手で握手をするときの高さまでのふり幅の中(つまり腰から腰)ぐらいのふり幅の中でローテーションというのは発生しています。

 

 

実際の動きを補足としてお伝えしました。

 
まずは、多くの方が勘違いされている「手を返す」=「手をコネる」になっていないかをご確認いただけたらと思います。

 

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達できて、
当たり前に80台、70台を出せる
再現性の高い正しいスイングを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

 

僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコアー82を出せたスイングのキモの部分を伝授します。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク