スポンサードリンク

54yrr44

 

テークバックまでは理想の形、プロのようなきれいなテークバックを作ることが出来たとしても、ダウンスイングになると素人丸出しのスイングになってしまう。

これはいったい何が原因なのだろう?

 

自分では左腕のリードでダウンスイングをスタートさせている。

でも、そのスイングを動画などで撮影して後で分解して見てみると左ひじが左横に引けておりプロのような長くて大きなフォローとはかけ離れた形になっている。

なぜプロのような大きな理想のフォローを取ることが出来ないのだろうか?

フォローが詰まってしまう・・・

プロのように大きくフォローを取ることが出来ないのはどうしてか?

 

多くの方が悩んでいることでしょう。

 

実はフォローを大きくしようと思えば思うほど左ひじが左横に引けてしまって逃げるような小さなフォローになってしまうのです。

 

ゴルフスイングは不思議なものですよね。

何かを意識してやろうと思うとそれとは逆のことをやってしまうことがよくあります。そしてフォローに関しても同じことが言えると思います。

 

大きなフォローをとるためにはその前のダウンスイングに大きく関わりがあると思っていいでしょう。

 

大きくフォローを取ろうとすることによりしていることは?

 

僕もゴルフを始めたころは大きなフォローが取れずに悩みました。

スライスサーからのスタートでしたが、スライスはなんとか矯正することが出来ました。

でも、スライスの次は打ったボールが左に行きすぎることに悩んだ。

これを矯正するために考えたことはテークバックをインサイドに引くこと。

これで、なんとか方向性を定めることが出来るようになりましたが、今度は違うミスが起きる。

それは右に押し出すようなボールで、右に出たボールがさらに右に曲がっていくというドスライスもたまにあった。

この右へ押し出すボールが多くなる原因はフォローを大きく取ろうとした時です。

フォローを大きくのイメージで打つと大きく右へボールが押し出されて右へ曲がっていくのです。

 

大きなフォローをとるためにしたことは、右腕を伸ばすことを意識したのです。

長く右腕を伸ばすことで大きなフォローをとろうと思ったのです。

 

どの結果ダウンスイングで右肩が突っ込んでくる。

右肩が突っ込んでしまうと左肩がひけてしまい、左腰もひけてしまうのです。

 

つまり右肩と右手が同時に動き出してボールを打ちに行ってしまっていたのです。

右腕を大きく使おうと思って意識すると右肩が出て行ってしまうのです。

大きなフォローをとろうとするならば右肩を一瞬止めて打ちにいかなければならないと思います。

 

つまり右肩は小さく使って止めるようなイメージでスイングするという事。

左サイドのリードで右肩を止めて打つようにしていけば右腕は自然とのびて左ひじを逃がすことなくスイングすることが出来るのです。

そうなるとクラブヘッドを気持ちよく振り切ることが出来るようになるのです。

結果的に思った方向にボールを弾き飛ばすことが出来るスイングができるようになるというものです。

 

なので、右肩は一瞬残して使うこと。

右肩を止めるようにして使うことが出来るとクラブを必ず振り切ることが出来るようになります。

そうなることによって最も飛距離を出すことが出来るようになり右ひざの上で上体の向きを変えて打つことが出来るようになるのです。

 

まとめると、

  • 大きなフォローを意識して右腕を長く伸ばそうと考えるのはよくない
  • 右腕を伸ばそうとすると左ひじがひけてしまい小さなフォローになる
  • ダウンスイングでは一瞬右肩を止めるようにしてスイングすると良い

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク