スポンサードリンク

1fe30bdf452676b190c626820942da45_s

ゴルフ侍トシです。
今回もティーグラウンドでの罰打についてお伝えしたいと思います。
あなたもゴルフをされているのであれば、
ゴルフのルールというのはプレーする上で知っておく必要がありますので
ぜひ知らなかった。で終わらせないようにしていただきたいと思います。

たとえばよくありがちですが、ナイスショットしたけどカート道ではねてOB方向へ行ってしまった。

そして、頭にきて「カッ!」となって別の球をすぐに打ちなおしたとします。
この場合、結論を言いますと【初級は見つかっても紛失球扱いになります】
暫定球はOBまたは紛失のおそれがある場合、あくまで暫定的に打つものです。
その場合、暫定球を打ちますという事を他のプレーヤーに宣言しておかないといけません。
この宣言を怠ってしまったら、打ちなおした球は「暫定球」ではなくなってしまいます。

ストロークと距離の罰によって即座にインプレーの球となります。
初級は紛失球扱いとなって、たとえOBではないエリアで見つかっても、プレーを続けることはできません。

なので打ちなおした球で次が4打目ということになります。
※「打ちなおします」でもダメなので明確に「暫定球です」ということを伝えるようにしましょう。

ワッグルでコツンと当たってしまって球がティーペッグから落ちた場合

こんな状況もよくありがちですよね。
ティーショット前にセットアップしてワッグルしていたら

うっかりクラブヘッドを球に当ててしまってティーペッグから落としてしまったという場合
結論から言うと、ティーアップをやり直すことでOKです。

この時に球を打ってしまったという事で勘違いして焦る人がいますが
焦る必要はありません。

ルール上でストロークというのは球を動かす意思でクラブを前方に動かすこと。になります。

なので、球を動かす意思がないワッグルは、打ったことにはなりません。

では、うっかり球を動かしてしまったことは?
これも大丈夫です。
第一打を打つ前になりますので、インプレーの球を動かしたことにはなりません。

なので、そのままティーアップの場所を変えてもいいし、ティーに乗せ直してもいいということです。

※空振りの場合は球は動かなくてもインプレーになります。

風でティーから落ちかけた球をそのまま打った場合

これもよくありがちですね。
ティーグランドで強風にあおられてティーペッグから落ちかけた球をダウンスイングを止められずにそのまま打ったという場合です。
結論から言いますと、ティーから落ちた球を打っても罰にはなりません。

バックスイングの途中であればともかくですが、
ダウンスイングを止めることはほぼ不可能です。

ティーから落ちる球を打ってもまともなあたりになるわけがないですが、さらにペナルティになってしまったら踏んだり蹴ったり状態ですね。

でも、ご安心ください。
通常インプレーの球は動いている上体で打つとペナルティになりますが、ティーアップされた球はまだインプレーではありません。

ティーから落ちる途中で打ってしまっても無罰になります。

※正しミスショットでもやり直しはききません。1打は1打となります。

ついうっかり打順を間違えて打った場合

前のホールのスコアーを勘違いして、本当は3番目の打順なのに
2番目に打ってしまったという場合。

これもゴルフ初心者にはよくありがちなミスですね。
この場合どうなるのか?
結論を言いますと「すいません」と謝るだけでOKです。

本来は前のホールのスコアーが少なかった人から順番に打ちますが
コースの売店を出た後など少しのインターバルを挟むことによって、
誰がオナーだかわからなくなりがちです。

うっかりの間違いならストロークプレーでは無罰でそのままプレー続行が正解です。

もし、プレーヤーの誰かが有利になるように意図的に打順を変えた場合
それに同意したプレーヤー全員が合意の反則とみなされます。

そして、競技失格となります。

※やり直したりすると逆にペナルティになりますので絶対にNGです。
今回もティーグラウンドのでルールについてお伝えしました。
あなたが間違っていたかな?とか

これは知らなかったな。という部分もあるかもしれませんね。
以後気を付けるようにしてみてください。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させ
当たり前にスコアー80台、70台でラウンドしたいという場合
そのために再現性の高い正しいスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ
メルマガにはブログには書けない濃い内容を配信しています。

repoto
スポンサードリンク