スポンサードリンク

d4eb3c7f5ff0a6d1db2486e253d6fabe_s

 

ゴルフ侍トシです。

 
今回は僕のメルマガ読者である小池さんからメールをいただきましたのでシェアしておきます。

 
==ここから==
ゴルフ侍トシさん。
お世話になります。

ハンデキャップ7の小池です。

いつもメルマガ参考にしています。
今回分かったことは、切り返しでクラブがストンっと落ちてくるタイミングです。
ゴルフ侍トシさんがいつも言われていることですが

切り返しからクラブがストンと落ちてくる感覚が私にはありませんでした。
でも、左腰リードと一緒に、右肘を絞り込み、左手甲が上を向いて右腰横まで落下してきたら、あとは体の回転で振るだけですね。
今までは、トップからそのまま下すからフェースが被って下りてきていました。

まず、バックスイングの形を変えました。
クラブを立てて右肩の方向に上がるようにしました。
そしてトップから左手甲が上を向くように下し、右肘を絞り込みます。

前はインサイドから下したいという意識が強くてバックスイングもインサイドに引きすぎていました。

それを誤解していました。

今は右肩の方向に上がり、フェース角は45度ほどでスクエアになりました。
そこからダウンスイングはインサイドアタックで回転します。

ダウンスイングで右肘の曲がりはほぼ直角に近いです。
これもインサイドアタックできるようになれたことが右肘の曲がりもキープできるようになれたのだと思います。
あとはインパクトは通過点と考えて、手の形を変えないで左胸を引くだけです。

インサイドから下すにはトップから左肩を開かずに大胆に左脇腹のリードで下せるようになりました。
私の中ではベンホーガンの左サイドのイメージです。
ムチのようにしなやかにクラブが体に巻き付くように振れています。
深いターフを取ることはなく滑らかにそしてスムーズに振り切ることができています。
これからもメルマガ楽しみにしています。
==ここまで==

今回はメルマガ読者の小池さんからメールをいただきました。
僕のメルマガを読んで実践され、
またメールでもご相談をされて
小池さんはとても向上心の強い方だという印象があります。
ハンデもどんどん減らしていけているようで何よりです^^
これからも、着々とさらなるレベルアップを目指していかれると思います。
やっぱりこういったご報告をいただけることは嬉しいですね。

これからもあなたのゴルフの上達に役立てるように
努力していきたいと思います。

 

あなたがまだメルマガに登録していないという場合、

メルマガでは再現性の高い正しい体打ちスイングを作れる詳しい方法をお伝えしています。
メルマガ限定ですので、お楽しみください。
あなたも当たり前に80台、70台を出せるようになりますよ。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク