スポンサードリンク

お世話になります。
ゴルフ侍トシです。
今回はご相談に対しての回答をシェアしたいと思います。

毎日たくさんのメールをいただいています。

ご相談には1通1通返事をお返ししています。

 

 

==ここから==

 

トシさん

早速の返信有難う御座います。

これから頻繁に質問させていただくと思いますので宜しくお願いいたします。

繰り返しになりますが、自分の悩みは登録時にトシさんからのメールにあった

アイアンのダフリ (飛距離が出ない)
ドライバーのひっかけ・チーピン (スライスは一切出ません)
飛距離が出ない 200y~230y
アプローチのザックリやトップ

数ヶ月前に流行りの桑田泉のクオーター理論にはまって、毎日練習に励んでいました。
結局得られたものは、アプローチのみですかね?
ふり幅が7時~5時、8時~4時、9時~3時 でリズムを大事にする事でアプローチは
かなり良くなりました。

下記に再質問ですが
①左手一本打ち、サンド左手一本で70ヤードを目指されてみてください
マットからの練習で良いですか?

②飛距離を250ヤード飛距離アップは体打ちスイングの練習とは何が効果的ですか?
自分は、素振りのスイングはプロの様なきれいな左足にきっちり体重が乗っているフィニッシュも
出来るのですが、本コースになると、ボールを当てに行き左腰が折れてダフります。

練習場ではうまい方なはずが・・・

③自分が今フォーム改造で気を付けている事は、バックスイング始動時に体でおへそを右に向け(手始動にしない)TOPで甲を折らない⇒インパクト時重心を左足になるべく乗せてダウンブローに打つ⇒最後までフィニッシュクラブヘッドが正面まで来るほど回し切る! を注意しています。

これでのインパクト時の音が良くなりトップ少なくなりました、しかしラインだしの打ち方に近く方向性は良いのですが距離が出ません。
ヘッドが走っていないのかと思っています。何かアドバイスをお願いします。

④壁からお尻を10センチぐらい離れたところでアドレスして
クラブが壁に当たらないようは、自分にはなかなかできなかったのですが
だいぶアップライトになると思いますが
インサイドに引くことにインサイドアウト軌道ができドロー系の球筋になるのは
勘違いでしょうか?

長々と長文お許し下さい。
現状のスコアは90~100です。
来年平均スコアを85程にしたく、何でもすがる思いでフォーム改良したく思っています。

月例杯でもAクラスに入ることが目標です。

トシさん宜しくお願いいたします。

==ここまで==

 

==ここから==

お世話になります。
トシです。

桑田泉プロのDVDを購入されたんですね。
クォーター理論ですね
「前倒し」流行してますね。

残念ですが、あれは手打ちゴルファーが振り遅れを治すために
手打ちでも上達したいという方のための理論ですので、
前倒しを繰り返し練習しても、
腕に意識が向いているスイングというのはコースに出ると再現性が低くリスクが高いです。
つまりプレッシャーなどに弱いので前倒しなど、ダウンスイングタイミングが狂えば左右に球は曲がりますし、方向性も安定しないので
手打ちでも上達を目指されるのであればいいですが、
もっと上のレベルを求められるなら最初から体打ちを覚えた方がいいです。
ちなみに手打ちでは230ヤードぐらいで限界となる人が多いですね。
250ヤードを目指されるのであれば、必ず体打ちを覚えることです。

なので、「前倒し」などの動きは一切忘れることをお勧めいたします。

左手一本打ちはマットからの練習でOKです。
素振りがプロのようでも実際のスイングと異なる場合、
それは手打ちになっているというのが言えます。
球は当てるのではなく、勝手に当たるという認識が持てないことで
コースで球を見すぎるというのはよくありがちですね。

250ヤードを目標にされるなら、

まずは右手一本でドライバーでキャリー100ヤードを目指されてください。
慣れて来たらキャリーで150ヤードぐらいは飛ばせるようになります。
こうなると250ヤードは楽に超えますよ。

ヘッドを走らせるためにはグリッププレッシャーをまずは意識してください。
スイング中、アドレスからバックスイング、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォローとグリッププレッシャーを一定にしてください。
柔らかくアドレスでグリップしている感覚をスイング中ずーっとキープすることが大事です。
スイング中、クラブをどこかでギュっとにぎってしまったらその時点でスイングの再現性はなくなると思ってください。
とくに多いのがトップやダウンスイングの初期でグリップをギュッと握ってしまう方が多いです。

これではクラブが体に巻き付くようにスイングすることができません。
グリップというのは緩く握れば握るほど、ヘッドを加速させることができますので飛距離が出ます。

まずはこれらのことを意識して練習されてみてください。
壁の前に立ってバックスイングする練習の意味は
多くの方がバックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまうためです。
クラブをインサイドへ引っ張り込んでしまったらフトコロが潰れた窮屈なトップになってしまいます。
またクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまうとトップでシャフトクロスして、オーバートップなりやすいです。
オーバートップになるとどうしても腕を使ってクラブを引っ張り下ろしてくる人がほとんどで、こうなると手打ちになってしまい、リスクの高いスイングになってしまいます。

ドロー系の球筋はアドレスでハンドファースト。
そして、トップではフェースが開かないこと。
これを守ることで、あとは腕は何もせずに体の回転でクラブを戻して来れば
インサイドからダウンスイングしてきますので、ドロー系の球筋になります。

テークバックをインサイドに引くなどを意識したら
ほとんどの人がインサイドへクラブを引っ張り込んでしまいますので、
そのような意識は必要なく、オヘソを右へ向けるだけ。でOKです。
あとは頭を固定するイメージは捨て、頭や顔の面はバックスイングで動いて良いという認識を持たれることで、
体を正しく捻転することができます。

それでは引き続きよろしくお願いいたします。

==ここまで==

 

 

今回もメルマガ読者さんからご相談を受けましたので
あなたのゴルフ上達の役にも立てたらと思ってシェアいたしました。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、
当たり前に80台、70台を出しいてくために

再現性の高い正しい体打ちスイングを作れる詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク