スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。

 
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
というわけで今回のテーマは【得意クラブ、苦手クラブを良く知る(アプローチ編)】です。

 
アプローチの場合はフルショットとは違って距離が短いです。

 
なので、アプローチの場合は状況に応じてどういった打ち方にするか?

 
またはどういったクラブで打っていくか?という選択をしっかりするのが重要。

 
これだけでも成功率というのが大きく変わるからです。

 
もっともはっきりと言ってしまったら、

ほとんどのアマチュアの場合はやさしいシチュエーションなのに難しい打ち方をしているというのがあります。

 

トーナメントのプロの影響を受けたりして難易度の高い打ち方をしている人を見かけますが、まずプロと練習量が違うという事を知ってください。

 
練習量が多いという事はスコアメイクに有利です。

 
しかし練習量が少ないアマチュアの場合はかっこつけてプロの真似をしている人もいますが、これはおすすめしません。

 

自分のアプローチをまずは知るということからスタートです。
例えば平均スコア100の場合と80の場合とでは違います。

 
100の場合は残り距離から必ず3打で上がればいいわけです。

 
無理をして2打を狙う必要もなくなります。

 

いい結果を狙いすぎてしまったらリスクが増えます。

 
なので、自分の実力を必ず理解したうえで考えていただきたいです。

 

「どうしてもここはパーで上がりたい」
「ここをボギーであがったら100を切れる」
プレー中にこのようにあなたも色々と考えると思います。
どういう状況でどういった手段を選択したか?
ここにアプローチの成功のカギがあります。

 
どうやって寄せようか?と考えることがほとんどだと思います。
でも、これでは逆に成功率を下げてしまいます。
「乗ればよしの難しい状況なのに狙いに行った」
「優しい状況なのに難しい打ち方をしてしまった」

 
あなたがこういった状況に応じて選択のミスをしているのであれば考えを改めることをお勧めします。

 
とくにあなたが100切りができないというか、100切りを目標としているという場合は「乗ればいいという難しい状況なのに狙いに行った」ということをなくしていく必要があります。

 

とりあえずグリーンに乗ればOKという考え方に変えることです。

 
このようにあなたの目標や状況に応じて、アプローチの打ち方やクラブ選択を変えてみてください。
またとりあえず乗せるのも難しいというのであれば、次のアプローチがしやすいところに打つことも想定しておくことです。

 

「優しい状況なのに難しい打ち方をした」
カラーとかグリーンに近い花道ではパターを使ったら簡単に乗せることができます。

 
でもそんな状況でもプロのようにロブショットを狙っていませんか?

 
そもそも残念ながらロブショットが決まったとしても、上級者とかプロからすると「たまたまでしょ」と思われますし、また自分の技量に見合った選択肢で確実に寄せることができる手段を選ぶことが大事です。

 

基本的にアプローチでは上げるよりも転がす方が簡単。です。

 

でも転がしも練習しないことにはうまく行くわけないです。

 
あなたが転がしのアプローチを選択肢に入れていないというのであれば、まずは転がしを練習されてください。

 

そこから球を上げるアプローチの練習に入っていく方が上達は速いですからね。

 

次におまけです。

自分の飛距離を知る

ドライバーの飛距離は何ヤードですか?

あなたは飛距離を人に聞かれたことはありますか?

結論を言いますと飛距離を元にコースマネージメントはできません。
それは
「トータル飛距離=キャリー+ラン」ということになるからです。
ランはボールが着地した地面の状況によって左右されます。
傾斜であったり、芝の状態であったりです。

もとろん地面の硬さも影響しますがランは不確定要素が多いです。

いつも同じように転がるわけではないですからね。
ぬかるんだ地面では着地の衝撃でボールが埋まってしまう事もあります。
そしてランが0ヤードということもありえるわけです。

転がったり、または転がらなかったとしても、とりあえずはそのクラブの平均飛距離というのは出るわけですが、平均飛距離だけではコースマネジメントとしてゲームを組み立てることはできませんからね。
まずコースマネジメントに必要となるのはキャリーの距離です。
例えばですがバンカーを超えるために必要な距離が120ヤードだったとします。

この場合、キャリートランのトータル距離が120ヤードのクラブではバンカーを超えることができません。
これはあなたも分かることだと思います。
なので、ドライバーからSWまで自分のキャリーの距離を把握する必要があるのです。

なかなか正確に把握するというのは難しいわけですが、まずはキャリーを知るということからスタートしてみてください。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

当たり前に70台、80台を出す再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けたいというのであれば、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフが短期間でみるみる上達するノウハウを無料垂れ流しメルマガ

repoto
スポンサードリンク