スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

というわけで今回のテーマは【得意クラブと苦手クラブを把握する】です。
あなたもゴルフ雑誌の企画とか試打会のアンケートなどで「得意なクラブを教えてください」というのを目にしたことがあると思います。

 

あなたは何と答えますか?

 

どのクラブを得意クラブと答えますか?

 

自分自身で何が得意なクラブなのかをぼんやりと把握しているという人は多いです。

 
でも、まずは検証してみてください。

 
一番簡単な手っ取り早い検証方法は練習場で全てのクラブを打ってみること。

 

 

そして、成功率を確認することです。

 
例えば5球もしくは10球打って納得できる当たりがどれぐらいあるのかを検証します。

 

 

まずはフルショットで成功率をさぐります。

 
5球打ってみて1球納得できる当たりがあったら成功率は20パーセントということが言えます。

 

 

でも残念ながら練習場でのプレッシャーはコースでのプレッシャーに比べると別物です。

 
比べ物になりません。

 
何度も打ちなおすことができる練習場ではコースに比べるとプレッシャーが全く違います。

 

 

なので成功率は高めに出ることが多いです。

 
そでも自分のゴルフを客観的に見つめるきっかけにはなります。

 
コースで使っていいクラブは練習場で80パーセント以上の成功率があるクラブということが言えます。

 

 

なので、練習場で10球打って8球は狙ったところへ打てるクラブ。ということです。

 

なにそれ?

 

高すぎない?

 
このようにあなたは思われるかもしれませんが、練習場は平坦なライでしかもマットの上からなのでライがいいわけです。

 
でもコースに出たらフェアウェイでも傾斜があってそれも複雑だったりするわけで、芝の生え具合も均一ではないです。

 
なので成功の確率は練習場に比べるとグッと下がります。

 

これを踏まえて練習場では高めの成功率を設定することが大事なんです。

 
あなたが残念ながらどのクラブも80パーセント以上の成功率がないという事もあると思います。

 
でも、安心してください。

 
あなたが再現性の高い正しい体打ちスイングを作ることができれば、成功率80パーセントは可能ですから^^

 
練習場では良いショットが出るのにスコアーに結び付かないという人は、ショットを打つ前に根拠のない自信から成功率が低いクラブを無理に使ってグリーンを狙っているという事が考えられます。

 
まずはナイスショットはそんなに出ないものだという事を頭に入れておくことです。

 

スコアメイクができない人というのは、ナイスショットが出ることを前提に考えてクラブを選んでいきます。

 

成功率が低いクラブでは当然ナイスショットが出る確率が低いわけですが、これを打つ前に分かっている人というのは少ないです。

 
分かっている人はミスしても落ち込むことがない。

 

なので、あなたのそれぞれのクラブは「どれぐらいの成功率なのか?」というのを現状をまずは把握することが大事です。

 

今の現状の自分のショットの成功率が驚くほど低いという事をまず走ることから始めることをお勧めします。

 

ドライバー以外はティーアップしないで、すべてのクラブで5球ずつ打ってみてください。
成功率70パーセントを超えるクラブがありますか?
あればそれはかなりいい確率だと思っていいです。

 

次に今度はティーアップして全部のクラブで打ってみてください。
成功率が上がるクラブと成功率が変わらないクラブ、または成功率が下がるクラブに分かれると思います。

ティーアップをするか、しないかで成功率が変わるという事は、同じクラブでもティーグラウンドで使うのと、フェアウェイから使うのとでは難度が違ってくるという事です。

なので、プロが確実にティーショットを打ちたい時などに、スプーンを使うことがありますが、意外と慣れが必要という事です。
そして、できたらラウンド中の成功率もチェックしておいた方がいいですよ。

コースマネジメントに置いて成功率がとても重要な要素になることが分かると思います。

 

 

このようにクラブによって成功率を考えて現在の自分の実力というものを把握することによって、コースでミスを連発するという事を防ぐことができます。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前に80台、70台を出しいける再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けたいというのであればその詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフが短期間でみるみる上達していくノウハウ垂れ流し無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク