スポンサードリンク

練習場の利用について書いてみたいと思います。

練習場はおおまかにわけて3つに分けることが出来ます。

1、鳥かごのようなネットが目の前にある練習場

2、ネットで囲まれている野外の練習場

3、大きな打ちっぱなしの練習場

 

練習場は大きな所へ行きがちです。

それはボールがどこに飛んでいくのかが確認できるから広い方がいいと思っている方が多い。

でも、実はこれが間違いだってことを知らない。

もちろん広い打ちっぱなしの練習場もいいですが、狭い鳥かごのような練習場にもそれぞれメリットがあります。

 

練習場は目的に応じて使い分ける

1の練習場の場合はインドアタイプになります。

打ちだしの目の前にネットがあり、的が付いているタイプです。

このような練習場はスイングづくりにお勧めです。

ボールの飛んだ行方が分からないのが逆にいいと思います。

なぜなら、自分が打つタイミングとリズムをつかんでインパクトに重きを置いた練習ができるからです。

 

そして、打った後にボールを目で追う必要がないので頭が残りヘッドアップ防止に繋がります。

このように調子が良くなくてスイングチェックを行いたい場合などはこのインドアの練習場がおすすめとなります。

ボールがどこに飛んでいくかなどは気にせずに無関心になれて、どのようなインパクトができるかに集中することが出来るからです。

そして、打ち急ぎを防ぐことができますし、ダウンスイングでのミートポイントを確かめるように練習することが出来るのです。

 

ボールが飛んだ方向が分かる練習場とは違いインドアの練習場では自分の振る感覚を重視して振る感覚づくりができるのでスイングづくりには適していると思います。

しかし、このインドアでの練習での注意してほしい点として、目の前にネットの的があったとしてその的のセンター当たっていれば正しい方向だと思ってしまいがちですが実はこれがいけない。

的のセンターに当たっていると実はひっかけボールになっているのです。

なので的の少し右に飛んで当たるぐらいが丁度いい方向となります。

 

次にネットつきの野外練習場になります。

ネットの先にある目標を決めてそれに向かって打ちます。

目標とするものは何でもいいでしょう。

家でも、木でも、電柱でもいいでしょう。

 

ネットまでの距離が100ヤードぐらいしかない場合は、そのネットの支柱などを狙って打っていると実際のコースでひっかけのボールになる。

これはさきほどのインドアの練習と同じ注意が必要です。

また、1回打つごとに打席を外してアドレスするようにすることです。

毎回スタンスの方向と目標のチェックをしてからアドレスすることが大事です。

本番のための練習をしましょう。

練習のための練習では意味がないからです。

 

打ちっぱなしはコースに出る直前がおすすめ

 

広々とした練習場ではボールの落ち際などもわかるので実践的な練習となります。

でも、逆に実践的な上に弱点もあります。

それはどういうことなのか?

目標に向かってボールを打つことばかりに専念してしまうことでスイング作りをするには向いてないという事。

広くて大きな練習場で確認することは自分の球筋の曲り幅の確認をすることです。

これを優先して練習しましょう。

また、風に対しても自分のボールがどういった影響を受けているのかを確認することもできるのでこれも頭に入れておきます。

スイングづくりに専念するのであれば広い打ちっぱなしの練習場よりも狭い鳥かごのような的がある練習場がおすすめです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク