スポンサードリンク

ゴルフを始めたての人が一番に悩むのがダフりではないでしょうか?

 

もちろんスライスやフックに悩む人もいますが、多くはダフりが怖くてコースではイメージ通りのスイングができない。

 

練習場のマットはソールが滑ってくれるため、ダフっていてもボールが飛んでくれるのでダフっていることにすら気づいていない人もいます。

ゴルフを始めたての頃の僕もそうでした。

 

練習場のマットは気持ちよく打てるように作られていると思います。

 

僕の友人で練習場シングルと呼ばれる人がいます。

 

彼は練習場ではナイスショットを連発します。

 

誰が見てもうまいなー!と思うようなショットを連発します。

 

さぞかしスコアも凄いのだろう?

と思うでしょう。

がしかしです。

 

彼は80切りはおろか90切りも達成したことがありません。

 

練習場の彼を見た人は当然80台で回るのだろうと思うかもしれません。

 

しかし、90から100の間を行ったり来たりしています。

何故か?

 

「練習場とコースは全く違う」

「練習場のスイングがコースでできない」

口癖のように言ってます。

 

彼は練習場では自信を持てるがコースになると自信が持てない。

そして、不安にかられてしまうそうです。

 

それはなぜ?

 

コースになると地面が練習場と違います。

 

練習場ではマットの上なので自信を持って打てるがコースの芝になった途端に不安にかられるそうです。

また、練習場のマットの上はフラットなライでなんの怖さもありません。

 

しかし、コースでは練習場のようなフラットなライはティーショットを除けばほぼ皆無です。

 

また、景色も影響してきます。

 

時にはピンまでの距離が練習場とは違いすごく遠くに感じることもあるでしょう。

 

このように環境の変化やライの変化によって練習場とは違い自信が消え不安が強くなると実力を発揮しずらくなります。

 

練習場で練習のための練習ばかりをしているとそれが癖になりただ打つだけで何のプレッシャーも感じてないのでコースとなると思うようにいかなくなる。

 

とくにマットの上の優しいライから打つ練習ばかりだと、練習のための練習のようなものなのであまり意味がないと思います。

 

ダフっても飛んでくれるのでダフり癖がついてもおかしくないと思います。

 

僕としては、マットの上にボールを置いて打つばかりではなくてティーアップしたボールをクリーンに打つ練習のほうが実践向きだと思います。

ティーアップしたボールはクリーンに打たないとちゃんと飛んでくれません。

ダフってティーを叩いてしまうと距離が出ないのですぐ分かります。

 

また、これは聞いたことがある人もいると思いますが、マットの後ろにボールを置きます。

 

マットの後ろぎりぎりにボールを置き打つ練習をします。

 

この時ダフるとマットの後ろの切れ端を叩いてしまうので手首に衝撃が走ります。

思いっきりダフると数回で手首を痛める危険がありますが、これを何の怖さもなく打てるようになるとダフりって何?と思えるようになりダフりに対する恐怖が消えていきます。

 

ただ、これをいきなりやるのは危険なのである程度アイアンショットに自信を持てるようになってからがいいでしょう。

 

普段からマットをダフっているのに気づいてない人はこれをやると一発で手首に衝撃が走ります。

 

ダウンブローで最下点がボールの前に来る人にとっては何の問題もプレッシャーも感じません。

ボールだけをクリーンに打つことができます。

 

練習場で練習のための練習をするのではなく、コースのための練習を考えるのであれば試してみることをお勧めします。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク