スポンサードリンク

どうも、 ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。

今回のテーマは飛距離アップについてです。

 

飛距離をだすためには、スイングアークが大きいのと小さいのではどちらが飛距離を出せると思いますか?

あなたのヘッドスピードで最大の飛距離を出すためには、スイングアークが大きい、小さいではどちらが飛距離が出そうだと思いますか?

 

結論言いますと、スイングアークが大きい方が飛距離が出ます。

 

スイングアークというのはアドレスからバックスイング、そしてトップまでの事を指します。
以前のメルマガでバックスイングからトップにかけてワキは空いていく。ということをお伝えしました。

 

飛距離を出していくためには、トップでワキを締めているか空けているかで変わります。

 

ワキを締めたままバックスイングからトップまで上げてみると分かりますが、アークが小さくなりフトコロのない窮屈なトップになります。

 

逆にトップでワキを空けてみると分かりますが、フトコロが深く大きく取れてアークが大きくなります。

 

例えば、両ワキにタオルを挟んでそのタオルがバックスイングからトップでも落ちないようにワキを締めたままにするのと、トップでワキが空いてタオルが落ちるようにするのとで、試してみると分かりやすいです。

 

もちろん多くの方がやってしまうクラブヘッドをインサイドへ引っ張り込んでしまうバックスイングをしている場合、トップで左ワキを空けようとすると、大きくシャフトクロスしてオーバートップになってしまいますが、正しくバックスイングができてる場合は、トップで両ワキを空けてもオーバートップにはなりません。

 

このトップの形ができるようになると、フトコロが深く作れているので、切り返しから右ヒジを体の前に絞り込んできやすくなります。

 

上級者や飛距離が出る人は、この右ヒジを体の前に絞り込んでくる動きができているので、右サイドの力をボールに上手く伝えることができるようになります。
常々お伝えしているので、あなたも耳タコだとは思いますが、ゴルフスイングの右ヒジの使い方というのは大事な要素で、右ヒジというのは体の前に絞り込んでくる感覚が出てくるようになると野球のサイドスローやアンダースローの右ヒジの使い方に似ていることが分かります。

 

でも、この右ヒジの使い方が分かっていても、その右ヒジを絞り込んでくるスペースがないとうまくいきません。
それが、トップでフトコロがあるか、ないかによって大きく変わってきます。
トップでフトコロが潰れてしまって、フトコロがないまま、切り返しから右ヒジを体の前に入れてこようとしても、ダウンスイングでクラブが寝過ぎてしまいますのでうまくスイングプレーンに乗せることができません。

 

でもフトコロのあるトップであれば、切り返しから右ヒジを体の前に絞り込んでくることができますので、切り返しでクラブが若干寝て入るインサイドアタックが可能となり、スイングプレーンに乗せることができます。

 

バックスイングの重要性とか、正しい動きをすっ飛ばして、切り返しから右ヒジを意識!なんてやってもうまく行かないという方は、そもそもトップでフトコロが作れていないということに気づくべきです。

 

トップでフトコロがあるか、ないかってかなり重要な事なんですが、これについて強く重要性を説いている方って少ないです。

 

トップでフトコロを作れるようになったら、以下の右ヒジを体の前に入れてくるという意味が理解できると思います。

↓↓↓

 

最後に、あなたが最短でゴルフを上達させる再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガはこちら

repoto
スポンサードリンク