スポンサードリンク

1hizi1

ゴルフ侍トシです。

再現性の高い正しいスイング【体打ち】をできるようになること。

これがゴルフ上達に一番の近道ということをたびたびブログでお伝えしていますが、

あなたはご自分のスイングがその再現性の高い正しい体打ちになっている自信はありますか?

 

 

今回は、左の壁というのを意識されている人にとって
意識する必要はないという事をお伝えしたいと思います。

 

 

手打ちの人にとっては左の壁は意識する必要があるのですが、

再現性の高い正しい体打ちのスイングを作るために、
左の壁というか、ダウンスイングでは左膝は伸ばして使います。

 

 

ダウンスイングからインパクトにかけて左の膝というのは伸ばしていきます。

インパクトでは左の膝が伸びきっているイメージがあるといいですね。

 

 

そうすることで、腰が45度開いて、手元の通り道ができますので、
体の近くを手元が通過するようになります。

 

手打ちの場合はこの左ひざを伸ばすイメージがあるとアウトサイドインのかっと軌道になってしまいますが、

手打ちではなく、クラブが体に巻き付くように体の大きな体幹の筋肉を使ってスイングできる

体打ちの場合は、ダウンスイングで積極的に左の膝を伸ばしていきましょう。

 

 

そうすることで、インパクトで腰が45度開いて、勝手にハンドファーストのインパクトができます。

そして、腕を使ってクラブを振り下ろしてこないので体の回転力が増します。

 

 

つまりでんでん太鼓のようなイメージで体にクラブが巻き付くようにスイングすることができるので、ダウンスイングで自然と腕とクラブに角度がつきコックがほどけずにタメが生まれます。

 

 

そして、クラブシャフトが体に近いところを通過(右肩の若干したあたり)しますので、
ボールに対してインサイドアタックが可能となります。

 

これが、飛距離を生むシャフトのしなりを十分に利用したスイングになるわけです。

 

 

大きく腕を伸ばして振り下ろしてくるようなダウンスイングをしている場合、
それは手打ちの何物でもありません。

 

 

なので、早めにそういったイメージでスイングされている場合は矯正する必要があります。

 

あなたがスライスが出るというのは腕をムダに力んで使っている。
または、クラブを振って球に当てに行く意識が強すぎる。

 

こういったエラーが出るのはクラブに振られる感覚がないことと、クラブを自分で操作しようとする意識から手打ちになってしまいます。

 

 

ダウンスイングでクラブシャフトが体の近くを巻き付くように通過することによって
インパクト直前にシャフトが逆しなりしてハンドファーストで球を捉えていくことにより、

 

 

飛距離が出るというスイングの理屈を知っておきましょう。

そのためにも、今回お伝えしているように
ダウンスイングでは左ひざを伸ばすイメージで使ってください。

 

左膝が曲がってインパクトを迎えてしまったら、腰を正しく回転させることは難しくなりますし、またインパクトで腰が45度開いた状態を作り出すことができにくくなります。

 

腰の回転がスイング中に止まってしまいやすいですので、こうなると手元を左へ振りぬくスペースが失われて結果的に前傾が起き上がったりして手を返す動きが入ってしまいますからね。

 

 

これが手打ちになりたくなくても手打ちになってしまっている人の典型的な例でもありますので、ぜひあなたはゴルフがどんどんうまくなるために再現性の高い正しい体打ちのスイングをマスターしておきましょう。

 

 

そのためには、今回もヒントでもありますダウンスイングで左ひざを伸ばしながら使って、インパクトではイメージとしては完全に左膝が伸びている状態をイメージしてみてください。
ダウンスイングで左ひざを伸ばしていくことで左お尻がアドレスの位置に戻るのが分かると思います。

そして、左のお尻がアドレスの位置に戻りながら腰が開いていくのが分かると思います。

この動きが正しい腰の回転を生みます。
上体は何もしないイメージです。

 

腕にも手にも力を入れずにアドレスのやわらかいグリッププレッシャーのままスイングという一連の動作をやりきってみてください。

 

 

するとクラブが体に巻き付くような感覚が出てきます。

 

 

以前お伝えしましたが、「良い振り遅れ」の感覚が出てきます。
必要以上に腕のローテーションが入りませんので、インパクトゾーンが長くなり、飛距離も伸びますし、また球の方向性も安定してくるはずです。

 

 

ぜひ、ダウンスイングで左ひざを伸ばすようにイメージして使ってみてください。
そうすることで、自然と左サイドへ突っ込んでいくという悪い動きも制御する効果がありますからね。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させていきたいという場合、
当たり前にスコアー70台、80台を出していくためのスイングのキモの部分をメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフど素人だった僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したいスイングのキモの部分になりますのでお楽しみください。
【無料メルマガ】ゴルフを始めて半年でスコア82を出した最速ゴルフ上達法

repoto
スポンサードリンク