スポンサードリンク

doradora

ゴルフ侍トシです。

福岡の自宅からです。
今回は飛距離を伸ばす秘訣において大切なことをお伝えします。

飛距離を伸ばすためには、ダウンスイングでトップの捻転差をキープしたままクラブを下してくることが1つ飛距離アップの要素です。
例えばですが、飛ばすためには柔軟性が必要だということをあなたも耳にしたことがあると思います。

確かに、柔軟性は飛ばしに直結します。
バックスイングからトップで体を捻じる腰と肩の捻転差が大きければ大きいほどクラブヘッドは加速して飛距離を生むことになります。

しかし、体が硬くなってきた高齢者の方などはこの捻転差をバックスイングからトップで深く作ることができなくなります。
トップで腰と肩の捻転差の浅いトップになりがちです。
でも、トップが浅くてもダウンスイングで下半身から切り返えすことにより
捻転差を深めることができます。

俗に言われる下半身リードということですが、
捻転の浅いトップだとしても、下半身から切り返し、ダウンスイングで捻転差を深めることができれば、飛距離アップは可能です。

しかし、この下半身から切り返して捻転差を深めてダウンスイングするということは普通はなかなかできません。
これを意識してやると「振り遅れる」という人がほとんどです。
でも、振り遅れることなくこの捻転差を深めるダウンスイングができればクラブヘッドが加速して飛距離が伸びます。
コツとしてはバックスイングを上げている最中に下半身で切り返すということです。
こうすることによって上と下が別々の動きをしますので、腰の真ん中のところがすごい捻じれます。
イメージとしては雑巾絞りです。
上半身と下半身で考えたときに雑巾を右手と左手で絞るように捻じることによって捻転差が深くなります。

2つ目のポイントとして、
バックスイングを上げた後に切り返してインパクトですが、

この時に右肘が曲がっていることが飛距離アップするために大事なポイントです。
インパクトではしっかりと右ひじは曲がっています。
右ひじが曲がってくるから切り返してくるときにクラブのシャフトが体の近くを通ることになります。
フィギュアスケートをイメージしてみるとわかると思いますが、
両腕を伸ばしてジャンプして回るのと、両腕をたたんでジャンプして回るのとでは回転スピードが両手をたたんでジャンプして回った方が速くなります。
つまりゴルフスイングでこの両腕というのはクラブシャフトになります。
なのでクラブシャフトがダウンスイングで体の近くを通ることによりクラブヘッドスピードが加速します。
つまり、体の近くをクラブシャフトが下りてくるようにするためには右ひじは曲がっていないといけません。
何か物を押すときでもそうですが、
右ひじを体に引き付けて右ひじを曲げて押すのと、右ひじを伸ばして押すのとでは力の入り方が全然違いますよね。

右ひじを体に引き付けて曲げた方が強く押すことができます。
そして、右ひじが曲がったままインパクトするとフォローでクラブの遠心力で自然と右ひじは伸ばされていきます。
多くの人がこれを間違ってフォローを大きくしようと思って腕を伸ばそうとするとインパクトの前で右ひじが伸びてしまうことになります。
インパクトの前で右ひじが伸びてしまったら逆にフォローで手首が返ってしまいますのでフォローが小さくなってしまいます。
また、フォローを大きくしようと思って腕を伸ばそうとすると脇も空いてしまいますので、方向性が安定しません。
なので、しっかり飛ばすということは「インパクトで右ひじは曲がっている」ということになります。

そして、3つ目のポイントはトップから切り返してきたときに頭が動かないことです。
インパクトまで頭が動かない(左のコメカミが開かない)というのが大事です。
頭が動いてしまったらヘッドスピードは加速しません。
頭が動かないからヘッドが加速していきます。
そして、フォロー側でヘッドが走ってくれます。
分かりやすく言うと、頭が突っ込んで振るのと身体を止めて振るのとでは力を入れなくてもヘッドスピードがあがります。
これは野球で言うところのツイスト打法に少し似ています。

実際に下半身が止まってスイングしてしまったら手が返ってチーピンが出てしまいますが、
左のコメカミを止めて上半身をそれに近い動きをしてあげるこが大事なんです。

なので、体を止めるのはダメですが、頭の位置をしっかりキープすることで体の開きを抑えられますしミート率が上がりますし、クラブヘッドが加速して飛距離アップします。
ただ、注意するべきポイントとして、頭を残すのはインパクトまでです。
それ以降はしっかり目標方向を見ていきましょう。
これらのことを意識してご自分のスイングはできているのかをチェックしてゴルフの練習をしてみてください。
あなたがもっと飛距離を簡単に伸ばす方法を試したいというのであれば、
僕はこちらをお勧めします!
記事の冒頭でお伝えしましたように下半身リードで切り返して上下の捻転差のあるダウンスイングができずにクラブヘッドを加速できない場合

もしくは振り遅れるという場合、この方法ならもっと簡単に飛距離アップが可能です。

↓↓↓

http://tinyurl.com/h5oammf

repoto
スポンサードリンク