スポンサードリンク

d4a6f228e34fd588456f89ea1285d032_s

 

ゴルフ侍トシです。

今回はダウンブローでアイアンを打つために必要な事をお伝えしたいと思います。

ダウンブローの本当の意味をあなたは理解していますか?

 

上からクラブを入れることがダウンブローだと思っている人が多いですがこれ

ではクラブヘッドは地面に突き刺さるだけでダフることがほとんどです。

 

そしてこれがダウンブローではないということを覚えておいてください。

 

今回は小さいスイングからダウンブローで打てるようになる方法として

小は大をかねるという意味でお伝えします。

 

けっこう練習場ではドライバーをフルスイングしたり
アイアンをフルスイングしている人を良く見かけます。

 

あなたもフルスイングばかりで練習していませんか?

 

 

結論を言いますとこれではなかなか効率良く短期間でゴルフは上達していきません。

 

逆に練習場ではアプローチ練習している人の方が少ないですよね。

 

ゴルフスイングというのはフルショットよりも小さいショットから覚えていく方が効率的です。

 

また、上達のスピードも上がります。

 

そこで、まず考えていただきたいことなんですが、
ショットを打っていく中であなたはインパクトゾーンを考えたことありますか?

 

おそらくインパクトゾーンという言葉を初めて聞いたよ。という場合もあるでしょう。

 

実際にクラブというはインパクトゾーンでどのように動いているのか?

これをほとんどの人が知りません。

 

そんなことよりもクラブフェースをボールに対してインパクトで直角に当てることばかりを考えがちです。

 

これがゴルフが上達できない1つの落とし穴になります。

 

まずは、小さいスイングのアプローチでクラブをどう動かしたらインパクト

ゾーンでクラブがどう動くのかを言うのを知ることが大事です。

 

するとどういった球が出るとか、
こうしたらダフリやすくなるとか、
そういったことが分かってきます。

 

小さいスイングのアプローチショットの場合もそうですが、
フェース面をボールに対してスクエア(直角)にきっちり当てようとします。

多くの人がこの意識をもってアプローチショットを打っています。

 

つまりフェース面を真っすぐに使ってしまうわけです。

 

こうなるとほとんどの人が左手首が甲側に折れてしまいます。
この左手首が甲側に折れる動きになると、すくい打ちのインパクトになります。

 

この動きでうまく打てる人も中にはいますが、これはダフるリスクが高いインパクトになってしまいます。

 

そして、球足としてはすごく柔らかい球になります。

 

次に左手の甲を折らないでフェース面を開閉するように動かしてみると分かりますが、左手首というのは甲側ではなく逆に手のひら側に折れる動きになります。

 

そして、右手首というのは甲側に折れています。

 

すると、はじめはこの動きをすると左に凄く引っかかりそうな感じがします。

この左へ引っかかってしまうのではないか?という動きが正しい動きです。

 

つまりフェース面を閉じていく動きになるのでこのように初めは左へ引っかかりそうな違和感が出るのです。

 

実際にこの動きで球を打ってみると分かりますが、左へ引っかかりません。
これはクラブを効率よく使えている証拠です。

 

つまりクラブの特性を生かして効率の良い動きができているということです。

 

なので、まずはフェースの開閉を行うという意味でも肘から下を回す動き(ローテーション)を取り入れていく必要があります。

 

この肘から下を回す動きが入ってこないことにはアプローチもショットもいつまでたっても良くなりません。

 

この肘下のろーてーショーンができるようになると、アプローチでも結構強い球を打てるようになります。

 

これがまずはじめにゴルフ初心者が取り入れていくべき正しい前腕のローテーションになります。

 

まずはここからスイングを作っていくという事を考えるとゴルフはやさしくなります。

 

お伝えしてきたように前腕のローテーションが出来ずに
インパクトで左手首が甲側に折れてしまうように打っているとドライバーもアイアンのフルショットも弱々しいスライス球が出たり左へ引っ掛けたりします。

 

なので、そんな人はまずは小さいスイングのアプローチでインパクトゾーンが長い、前腕を回してフェースを閉じていく動きを取り入れて下さい。

 

そうすることによって、強い球を打つ感覚というのが分かってきます。

小さなスイングで強い球を打つためには必ずフェースの開閉が必要となります。

 

そのためには、前腕が回転する必要があります。

 

前腕が回転してローテーションすることによって、フェースが閉じられていきますのでインパクトゾーンが長くなります。

 

左手の甲を飛球側と逆(手のひら側)に折るようにして
肘から下を回すように使います。

 

すると右手首というのは甲側に折れたままインパクトからフォローへと動かされます。

感覚としては肘から下でクラブを回すように使うという事ですね。

 

これを小さいショットでたくさん練習して行ってみるとコツを掴んできます。

そして、この小さいショットでの練習がドライバーの飛距離アップにも効果的なんです。

 

ぜひあなたも今までフェースの開閉を意識したことがないという場合とか

インパクトゾーンを考えたことがないという場合は、気にしてみてください。

 

インパクトゾーンが短いショットでは柔らかいボール打つことには適しているのですが、ダフリとかトップを誘発しやすくなるんです。

 

だからフォローでヘッドがすぐに跳ね上がるような左手首を甲側に折るような動きは辞めましょう。

 

最後に、あなたが短期間で80台、70台当たり前に出せる
再現性の高い正しい体打ちスイングをさらに詳しく極めたいという場合
その方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

ゴルフ上達ノウハウ垂れ流し無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク