スポンサードリンク

 

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達に力になれたら幸いです。

 
福岡午前中の雨が上がりました。

今、天神のツタヤの中で記事書いていますが、暑いです。。。(笑)

 

 
そんな話はさておき、
今回のテーマは【飛距離はどんな要素によって決まるのか?】についてお伝えします。

 

 

まずは、飛ばすためには3つの要素があります。

 

 

ゴルフはボールを使うスポーツの中で、
一番ボールを遠くへ飛ばせることができるスポーツですね。

 

 

 

当然「飛ばし」はゴルフの醍醐味ですね。
気持ちよくあなたもボールをかっ飛ばしたいと思っていることでしょう。

 
思っていませんか?

 
いやいや思っていることでしょう(笑)。

 

 

飛距離だけを競うドラコン専門のプロがいることからも
飛距離に対する醍醐味があるスポーツです。

 

 

では、そんなゴルフの飛距離は何によって決まるのか?
あなたも耳にしたことがあると思いますが、ヘッドスピードの速さ。があります。

 

 
難しい話になりますが、
物理的に言ったら、ボールに加わる力はヘッドの重さとヘッドスピードに比例するわけです。

 
ドライバーのヘッドの重さがどのクラブも大差がない以上(だいたい200グラムぐらい)、飛距離を左右するのはヘッドスピードという事になります。

 

 
でも、実際の飛距離はヘッドスピードだけでは決まりません。

 

 

ボールを遠くへ飛ばすためにはボールが飛び出す角度(打ちだし角)とボールに与えられたスピン量が適正でなければなりません。

 

 

打ち出し角が大きすぎたら、いわゆるテンプラになって、距離が出ないのはあなたもご存じだと思います。

 

 

また、スピン量が多すぎるとボールの初速は速くても途中から急上昇して、ストンと落ちる、いわゆる吹きあがったボールになってしまうんですね。

 

 

クラブメーカーなどの実践結果から、ドライバーの場合は理想的な打ち出し角度は13~18度とされています。

 

 
打ち出し角度を左右する一番の要素はクラブのロフト角ですが、同じロフト角のヘッドでも、重心が深いヘッドではスイング中にロフトが寝やすくなるので、打ち出し角がロフト以上に高くなってスピン量も多くなりがちです。

 

 

でも、重心が浅いヘッドはこの逆になります。

 

 

また、シャフトの性質によっても打ち出し角は変わります。

 

 

一般的にシャフトの先端が柔らかいシャフトでは、インパクトゾーンでヘッドがアッパー軌道になりやすいので打ち出し角が高くなって、硬いシャフトでは低くなります。

 

 

さらに、プロとアマで理想的な打ち出し角は違うことからもヘッドスピードによっても理想的な打ち出し角は違ってきます。

 

バックスピン量を適正にするために

ボールに与えられるスピンには、バックスピンとサイドスピン、さらにはライフルスピンの3つのスピンがあります。

 
飛ばしの最も関係するのがバックスピンの量です。

 
ゴルフボールが遠くに飛ぶのは、バックスピンによって揚力が与えられるからです。

 

 
でもバックスピンの量が多すぎたら、ボールは高く上がっても遠くへ飛んでくれません。

 

 
バックスピンの量が少ないとボールが理想的な打ち出し角より低く打ち出されて、早くドロップしてしまうのでやっぱり飛ばないという事になります。

 

 

バックスピンの量を決める最も大きな要素はロフトです。

 
SWのようにロフトが大きなクラブほど、インパクトの時にクラブフェースがボールに対して斜めに入ってくるからバックスピン量が多くなるわけです。

 

 

あなたもこの理屈は理解しいただいていると思います。

 

 

ドライバーの理想的なバックスピン量は、毎分2200~2600回転と言われています。

 

 

SWでボールがバックスピンするようなショットの場合はその時のバックスピン量は毎分1万回転前後になると言われます。

 
ロフトの次にバックスピン量を決めるのは、クラブヘッドの入射角です。

 

 

ダウンブローで打ったらバックスピン量は多くなります。

 

 
逆にアッパーブローで打ったら、バックスピン量は少なくなります。

 

 
あなたが、まず「飛ばしを追求する」というのであれば、
ただいたずらにヘッドスピードを上げようとするのではなく、
打ち出し角とバックスピン量をご自分のスイング(自分のヘッドスピードと、スイング軌道)に合ったものにすることも大切です。

 

 

なので、たまにゴルフショップに足を運んで
計測機でご自分のスイングを計測してみて、スピン量がどうなっているか?などを気にしていただけたらと思います。

 
今回の内容は以上になります。

 
最後にあなたが短期間でゴルフを一気に上達させて
80台、70台を当たり前に出していきたいという場合
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ
メルマガの内容を実践することで、あなたも周りのゴルファーをスコアーで圧倒的できますよ。

 

repoto
スポンサードリンク