スポンサードリンク

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
というわけで、今回のテーマは【飛距離の衰えは左ヒザからくる】です。

 

よくベテランゴルファーに多いのですが、
年齢とともに体が硬くなってきて「最近飛ばなくなってしまったなー」という方は多いです。

 

 

でも、飛距離が落ちると言っても、再現性の高い正しい体打ちスイングができていたら、そんなに飛距離が落ちるという事はありません。

 

 
まず、気にしていただきたいのですが、飛距離が落ちていると嘆いているベテランゴルファーの方に決まって見られるのが、左ヒザが曲がってしまっている。ということです。

 

 

説明しますと、ダウンスイングで本来左ヒザというのはインパクトに向けて伸ばしながら使いますが、ベテランゴルファーになって体が硬くなってきて飛距離が落ちたというゴルファーの方は決まって左ヒザがインパクトで曲がってしまっています。

 

 

これでは、体の力を球に伝えることができません。

 
なので、左ヒザというのはインパクトに向かって伸ばすように使っていくことをお勧めします。

 
ダウンスイングからインパクトにかけての重心移動を左ヒザが受け止められなくなってくる。

 
これによって、左ヒザがインパクトで曲がってしまうということになってしまう。

 

 

そして、あなたも理解していただきたいのですが、左ヒザが曲がってしまったら最も飛距離が落ちてしまうという事です。

 

 

この左ヒザを意識するだけで、年配の方でも飛距離を取り戻すことができます。

 

 
左ヒザをインパクトへ向かって伸ばしながら使うだけで飛距離を取り戻すことが可能となります。

 

 

なので、あなたも左ヒザというのはインパクトに向かって伸ばすように使う事をお勧めします。

 

 
極端に左ヒザがインパクト前に伸びきってしまうぐらいのつもりでスイングしてみてください。

 

 
いずれにしても左ヒザが曲がってしまったらどれだけダウンスイングでパワーを発揮したとしても意味がありません。

 

 
体のパワーを球に伝えることが出来なかったら意味がありませんからね。

 

 

そして、ここで僕がいつもお伝えしていることなんですが、右足をべた足で使ってみてください。

 

 
今は女子プロでべた足でスイングしている人は多いですね。

 

 

べた足が主流になってきているように思えます。

 

 

中でも特に40代のゴルファーの方に意識していただきたいのがアンソンジュ選手やパクインビ選手のべた足です。

 

 

両者ともダウンスイングからインパクトそしてフォローにかけて両足をべた足。

 
つまり地面から浮かせることなく使っています。

 

 
これは凄く効率が良いスイングなので、体力が落ちてきたという人にとってはかなりおすすめです。

 

 
べた足スイングの最大のメリットは体の軸が左右に動かないこと。

 

 

重心が安定しますので、肩の動きを生かして最大限にヘッドスピードを加速しやすいんですね。

 

 

 

そして、アマチュアの多くがインパクトで左足に体重が乗りすぎて(突っ込んで)打ちだし角が上がらない人も多いのでぜひべた足でスイングされることをおすすめします。

 

 

べた足スイングであれば、そんな無駄な体重移動などを意識する必要もないので、打ち出し角の高い球を打てるようになります。

 

 

 

効率よく飛距離アップしたいという場合、このべた足スイングというのはおすすめですよ。

 

というわけで、今回の内容は以上になります。

 

 
最後に、あなたが短期間で、一気にゴルフを上達させて、当たり前にスコアー80台、70台を出して行くために再現性の高い正しいスイングを吊るく詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

 

 

メルマガではブログには書けない濃い内容も配信しています。

 
そして、僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分もお伝えしていますのでこの機会にお楽しみください。

 
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク