スポンサードリンク

30ヤード飛距離を伸ばすと考えると、ほとんどの人が練習場へ行ってドライバーをひたすら振り回したりします。

でも、これでは飛距離アップを望むには効果的な方法だとへ言えません。

ボールを飛ばすためにはまず必要となるのがなんと言ってもスイング軸が大切。

スイング軸がしっかりしてないとドライバーでいくら力任せに振ってもボールは思うように飛んでくれない。

 

というわけで、スイング軸をしっかり作るための方法として

SW(サンドウェッジ)もしくは、AW(アプローチウェッジ)で30ヤード程度を打つところから始めます。

いきなりドライバーを振り回すよりも短いクラブを使ってスイング軸をしっかり作ることが大事

 

これができてからはじめてスイングプレーン上でクラブを走らせることができ、またウエイトシフトでスイング軌道を大きくしていく。

 

この段階をしっかり踏むことにより飛距離30ヤードアップは誰でも可能だと思います。

とにかくまずはスイング軸を作ることです。

遠回りのように思われるかもしれませんが、これが飛距離アップの一番の近道なのです。

この練習のポイントとしてはスタンスはスクエアなままで下半身は椅子に座るときのようにどっしりさせて、ノーコックでスイングをする

 

下半身は使わずに自分のスイング軸だけを意識して振り子のように上体だけで左右対称のスイングをするように心がけるのです。

テークバックを大きく上げてインパクトで緩むといった打ち方はしないようにしましょう。

スイング軌道もアウトサイドインで打つのではなくて目標に向かってストレートな軌道になるようにすることを心がけてください。

ノーコックでスイング軸を意識してショットが打てるようになってきたら今度は同じようにSW(サンドウェッジ)もしくはAW(アプローチウェッジ)でコックを使って50ヤードを打ってみましょう。

 

大抵の人はコックを使った瞬間に手が動くのでダウンスイングでコックが速くほどけて手から打ちにいってしまう。

 

なのでコックを使く時もスタンスはスクエアでどっしり構えて下半身を使うことなく左右対称のスイングを意識してください。

 

インパクトでゆるめたり加減するようなスイングにしないこと。

ポイントはテークバックで腰の高さまでクラブをまっすぐに引きます。

それからコックを使ってヘッドを上げます。

それからヘッドの重さでクラブをボールの下に入れる気持ちでショットするのです。

つまりトップの位置からクラブをそのまま落としていくイメージです。

 

50ヤード打つとなると、よくオープンに構えてカット気味に打とうとしたり、もしくはクラブを出そうとしがちになります。

これではいけませんので、軸を意識した左右対称のスイングを心がけてみましょう。

 

そして軸ができたらあとはクラブに仕事をしてもらうだけです。

特にSWはバンスがあるので上から落として自然に球が上がるようにできているのです。

この打ち方がしっかりできるようになるとドライバーになっても体の回転が上手く使えるようになるので飛距離も伸びるのです。

 

逆にアプローチで軸が動く人はドライバーで飛距離アップは無理でしょう。

 

100切りどころか一気に90切りを実現したゴルフ理論

↑ ↑ ↑
僕がゴルフを始めて半年でスコア82をマークした理論

repoto
スポンサードリンク