スポンサードリンク

migi

 

 

ゴルフ侍トシです。
今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

 
というわけで、今回はスイングのタメについて。
【飛ばしに欠かせない極意、タメの本質を理解しよう】です。

 
あなたもタメって言葉聞いたことありますよね?

 

 

僕のサイトを見ていただいているなら、
スイングには必ずタメが必要である。ということぐらいは分かっていただけていると思います。

 

 

タメというのは何度もお伝えしていますが、
作るのではなく、勝手に作られるもの。

 

 

このタメは自然発生するということを頻繁にお伝えしていますが、あなたも再現性の高い正しいスイングができている場合は、タメが自然発生していることでしょう。

 

 

タメは「飛ばしに欠かせない要素」です。

 

 

ゴルフでいうタメは「ヘッドを遅らせることでインパクト時にヘッドを加速させる技術」です。

 
具体的に表現するならこういったイメージです。

 

 

このタメの有無がプロや上級者と一般アマの飛距離の差に出ます。

 
タメを自然発生させるためにはバックスイングからトップにかけて、タメができるような準備が必要です。

 

 

それは、上半身と下半身の捻転差。

 
トップでは、アドレスの位置から腰は30~45度、そして肩は約90度右方向に回転していきます。

 
この腰と肩の回転差がないとタメが作れないわけです。

 

 

クラブを持たずに、両腕を胸に当ててバックスイングをしてみたらわかりますよ。

 

 

背骨が軸になっていることを意識して前傾角度を変えることなく上半身を捻じっていくと、右股関節がしっかりと入ることが実感できます。

 

 

こうしてトップの形を作ったら、この形からダウンスイングに入ります。

 

動き出すのは下半身からです。

 

 

でも、実際のスイングでは下半身がダウンスイングに入ろうとした瞬間に、上半身はさらに右に回転しようとしているわけです。

 
これが捻転差をさらに大きくします。

 

 

そして、さらなる強力なタメを生み出すわけです。

 

 

ダウンスイングのきっかけは左ヒザを伸ばしながら使う事。

 
そうすることによって、腰が少し左へスライドしながら元の位置に戻ろうと回転しはじめます。

 

 

でも、この時に両肩はまだ回転を始めていません。

 

右方向を向いたままです。

 
もしもここで腰といっしょに両肩が元に戻り始めると、タメは生まれません。

 
下半身と上半身にはねじり戻る時に、「時差」が必要になるわけです。

 

 

やがて、腰が正面を向いて、さらに左方向に回転しようとすると、
どんなに抵抗しようとしてもそれに引っ張られるように両肩も元の位置に戻ろうと左方向に回転し始めます。

 

 

そして、さらに腰が回転して、飛球線方向を向き始めたころ、やっと両肩は元の位置に戻るわけです。
ここがインパクトの瞬間というわけです。

 

僕がいつもお伝えしている、
最も体の力が球に伝わる、腰が45度ほど開いて、肩のラインはそれほど開いていないインパクトの瞬間です。

 

遅れてやってきた上半身とともにクラブヘッドも後からやってくるわけです。

これだけでヘッドも十分加速しているというわけです。

 

 

飛ばしに欠かせないタメの理解を深めていただけたのではないかと思います。

 

 

上半身と下半身の捻転差が飛ばしのタメを自然発生させるのです。

 

 

よくタメは手首の角度をほどかないように意識すると言われたりしますが、意識してタメを作るのではなくて、勝手にタメは作られるということです。

 
意識して手元でクラブをタメようとしている場合
それは本物のタメではなく、
いつまでやっても、スイングをただ難しくするだけの意味のない意識やイメージということです。

 

ヘッドを加速させるタメのメカニズムを知れば、

ゴルフスイングの本質が見えてきます。
シャフトのしなりを利用してヘッドを加速させるという意味も分かってきます。

腕を速く振ろうとすることが意味のないことだという事も分かってきます。

 

クラブヘッドは最後にインパクトに向かって下りてきます。
間違っているイメージがある人は、ヘッドを先に下そうとします。

ヘッドを先に球に当てに行きたくなる気持ちはわかります。
でも、これではヘッド加速させるタメを生み出すことはできないということです。

 

あなたが飛ばしに欠かせないタメを自然発生させて
当たり前に飛距離アップして、80台、70台出していきたいという場合
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク