スポンサードリンク

ゴルフはボールをより遠くへ飛ばしたほうがスコアアップに近づけます。

ドライバーで飛距離を伸ばしたいという方は多いでしょう。

飛ばないより飛んだほうがいいですよね。

例えばパー4の370ヤードのホールでドライバーで270ヤード飛ばす人。

一方は200ヤードしか飛ばない人。

 

前者は2打目で残り100ヤードをPWやAWなどのショートアイアンで狙えますが、

後者は2打目で残り170ヤードなのでだいたい6番アイアンかもしくは5番アイアンなどロングアイアンを使用することになります。

ロングアイアンは得意でショートアイアンは苦手という人は少ないと思います。

なのでやはりティーショットでの飛距離は2打目からのクラブ選択に大きく影響してきます。

ティーショットはできるだけ遠くへ飛ばしたい。

ゴルフに真剣な人ほど飛距離の重要性を知っています。

飛距離を伸ばすためにはクラブの重みとシャフトのしなりを感じながら振ることが大事だと思います。

そうすることによりヘッドスピードを上げることが出来るからです。

ヘッドスピードを上げるために重たいものを振って筋力をつけることもいいと思います。

例えば野球のバットを振ったり重たい鉄の棒などを振るのもいいと思います。

しかし、いきなりこれらの事をすると体を壊してしまう可能性があります。

日頃から鍛えている人ならいいと思いますが、そうでない人がいきなりこれらのものを振ると体が付いて行かず故障につながる可能性があると思いますので無理は禁物です。

そこで、もっと体にやさしく効率良く練習する方法があります。

 

それはドライバーを逆もちしてスイングする。

ドライバーのグリップを下にしてフェイス部分のシャフトを握って素振りをするのです。

つまりグリップ部分がヘッドになるように素振りをします。

 

そしてビュンビュン音がするように振ります。

これ以上早く振ることができないというところまでスイングスピードを上げて振ります。

素振りをするときにグリップ部分で仮想のボールを弾き飛ばすイメージを持って振るといいでしょう。

30回ぐらいこの状態で振り続けてみてください。

終わったらいつも通りのグリップをしてボールを打ってみましょう。

この素振りをしたことにより今まで以上にヘッドの重さを感じながら、またシャフトのしなりを感じながらスイングすることが出来るようになると思います。

ボールをクラブフェイスで弾き飛ばす感覚が徐々に掴めるようになると思います。

この感覚を掴んだらしめたものです。

多くのアマチュアの方はこのスイング中にこの感覚がありません。

ボールを前にしたらボールに意識が集中して当てることに注意が向きやすのです。

なのでそうならないためにドライバーを逆持ちして素振りをしてみるといいと思います。

すると体をよどみなく右から左へと回転させ、気持ちよくコマのように回る感覚を養うことが出来るようになると思います。

そして、その感覚でボールを打ってみる。

しばらくするとフェイスをボールに当てに行こうとする感覚が出てくると思いますので

そうなったらまた逆持ち素振りを何度かしてボールを打つ。

これを繰り返すことにより今までとは違った感覚が生まれてくると思います。

それは、両腕と手とクラブヘッドの動きが胸の回転を主体としてそれにつられて動いていく感覚が分かってくるからです。

この感覚を掴めるとよどみなく体を回転して気持ちよくスイングできるようになるでしょう。

そして、出玉の方向性もよくなりますしボールのうち急ぎやスイング中の力みもなくなってきます。

 

結果飛距離もアップしていきます。

ゴルフの練習場でひたすら飛距離を伸ばしたいがためにボールを打ち続けるのでなく、

このようにクラブを逆持ちしての素振りを取り入れながらボールを打つことをおすすめします。

クラブを振るという感覚からクラブが振られるという感覚を養うためです。

 

胸の回転から腕、手、そしてクラブヘッドが引っ張られヘッドの重みを感じながらシャフトをしならせて振る感覚が身についていくと思います。

 

最後に、僕がゴルフをはじめてわずか半年でスコア82を出したスイングのキモの部分はメルマガでお伝えしています。メルマガではブログには書いてない濃いゴルフノウハウお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク