スポンサードリンク

ゴルフスイングは全く同じスイングをしている人はいません。

これはプロゴルファーを見てもわかること。

 

人間はそれぞれ体格も違いますし、やはり人それぞれ筋力も違います。

そして、柔軟性も違いますからね。

そして、感覚や感性や好みも違うように根本的に同じ位置を目指したとしてもその方法が違っていると思います。

そのため、結局同じスイングになることは無いと思います。

なので、自分が真似するべきベーシックな形と言うものは存在しないと思います。

全ての人が同じボール位置で同じスタンスで同じ前傾角度でスイングして良いわけではないと思います。

 

人それぞれ微妙に違っていて当たり前なのではないでしょうか?

これが自然なことだと思います。

 

しかし、目安はあります。

 

大抵の人は言われたとおりに寸分違わずにスイングしなければならないと思っているでしょう。

 

そう考えがちです。

 

大きな意味でのスイングのとらえ方はあります。

それを目安にすることは大事なことだと思います。

なので自分なりのベーシックな形を探していくことは必要だと思います。

 

自分なりにボールの位置を少しずつ変えてみたり、スタンスの幅を少しずつ変えてみたり・・・

自分の体に聞きながら少しずつ変化を取り入れていく。

自分がイメージしたスイングや球筋を見ながら、細かい部分は自分で微調整していくことが出来るとゴルフは上達していくと思います。

 

大きなベーシックな部分を取り入れてそこから微調整を行っていくというわけです。

でも、大きな部分を取り入れることは大事で、それは常に必要と思ってもらいたいです。

大きな部分を取り入れながら自分なりのベーシックな部分を探していくことでゴルフがうまくなっていくと思います。

よくプロのスイングの連続写真を見て目について一コマだけを真似しようとする人がいます。

雑誌の切り抜きなどを見て研究することは悪いことではないと思います。

例えば、タメの形がこうなっているので自分もこうしてみようとかですね。

プロのタメの形を一生懸命真似しようとする。

ゴルフが好きな大抵の人はこのような傾向があるのではないですか?

もしかしたらあなたも実践されたことがあるかもしれません。

 

このブログのアドレスやスタンスの部分を飛び抜かしていきなりレートヒットの練習に取り組むなどそういった人もいると思います。

でも、それではなかなかうまくいかない。

そして、これは結局自分にはできないことなんだ・・・

 

この段階で諦める人もいます。

自分には無理と思って投げ出してしまう。

多くの人はこうなります。

 

でも僕としてはいきなりレートヒットに取り組んでもうまくいくわけがないと思います。

ゴルフはアドレスからフィニッシュまでスイングは一つの流れになっています。

スイングは一つの流れになって繋がっているからですね。

だから、良いフィニッシュをとるためにはやはりフォロースルーが良くないといけない。

良いフォロースルーをとるためにはやはりインパクトが良くなければならない。

 

全てのスイングはその前の土台によって決まっていると思ってもらいたいです。

なので土台が大事。

レートヒットを身に着けるためにはやはりその前のトップ、バックスイング、アドレスという部分がしっかりできてないといけない。

 

このブログを読んでよいスイングをして飛距離をアップさせたいと思う人はとにかく急がずにひとつひとつ順番に体に覚えこませていくことをお勧めします。

 

先を急がずにアドレス、バックスイング、ダウンスイング・・・

一つ一つ順を追って反復練習を行っていくといいでしょう。

 

もちろんフィニッシュまで身についてからボールを打たないといけないとかそれまで打ってはいけないとかないです。

例えば、アドレスを身についている段階ならばアドレスだけに気を配ってボールを打つということです。

一つに気を配って練習することをお勧めします。

ゴルフスイングを身に着けるにはアドレスから順番に身に着けることが一番の近道だと思っていいでしょう。

結局ボールを遠くへ飛ばしたかったら手打ちは治すこと。

 

やっぱり腰のターンにリードされてスイングしてこそ最大限の飛距離を実現することが可能となります。

大抵の人は手打ちになっています。

ダウンスイングをしっかり下半身から切り返す人はほとんどいないと思います。

切り返しの瞬間に手とか右肩とか先に前に出て行ってしまう。

そのためにトップで作った上半身と下半身の回転差を生かすことが出来ない。

回転差を作っても上半身が先に動きだすのでダウンスイングでは下半身に追いついてしまって一緒にターンしてしまう。

そうなることでスイング軌道が確実にアウトサイドインになってしまうのです。

それでも長年かけて熟練されることによりアウトサイドインの軌道でもボールをコントローすることができてスコアメイクできると思います。

でも、自分の持っているすべての能力を出し切れるかと言えば違うと思います。

アウトサイドインのカット軌道では自分のパワーをボールに最大限伝えることはできない。

最大の飛距離を手に入れることはできない。

そして、より精度の高いショットを打つことはできない。

理想のスイングはやはりインサイドインでしょう。

この軌道が理想だと思います。

 

これを腰の回転のリードで実現することが大事。

 

腕と上体をワンテンポ遅らせてレートヒットする感覚を体に覚えこませることです。

最初はやはりうまくいくわけないです。

でもうまくいかないからといってもっと腕を振ろうとか思ったら手打ちにまた逆戻りです。

なので腰の回転でスイングをリードするこれを身に着けた時最大限の飛距離を手にすることが出来ると思っていいでしょう。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク