スポンサードリンク

前回に引き続き今回も飛距離を20~30ヤード伸ばすための練習方法についてです。

前回のコックを入れて50ヤード打つ練習を行って少しずつ距離を伸ばしてきたと思います。

20~30ヤード飛距離を伸ばす練習方法その1を実践されたら次の段階へ入っていきます。

 

次はPW(ピッチングウェッジ)で100ヤードを打つ練習をします。

PWで100ヤードというとほとんどフルショットに近くなりますね。

まずはフルショットの時の理想とするトップの位置を知ることから始めましょう。

 

 

右手の一番力が出る位置は野球のスローイングのトップの位置

トップの位置で右手が窮屈な場合力を思うように発揮することが出来ない。

なのでまずは自分に合うトップの位置を知ることです。

それには右手の位置を決めること。

自分に合ったトップの右手の位置を決めてそこに肩を回して左手を添える感じです。

このように自分なりの理想のトップ位置を探してみましょう。

そして、自分の理想のトップの位置が分かったらPWでボールを打ってみましょう。

 

PWで打つからといってもPWの飛距離を伸ばすことが目的ではないです。

なので力いっぱいフルショットをする必要はないです。

アドレスは腰を落としてどっしりと構え(椅子に腰かけているような感覚)て下半身は使わずにベタ足のままでいいのでそのまま左右対称にスイングします。

テークバックでは腰の高さまではノーコックで行いそれからコックを使ってその場で軸を意識しながらスイングするのです。

 

この時に大事なことですが、トップでは左腕が伸びて逆にフォローでは左腕がたたまれて右腕が伸びる。

スイングの一連の動きの中で、腕の左右のローテーションを体に覚えこませていきます。

 

フォローで左ひじがひけてしまうとボールは絶対に飛んでいきません。

なので練習場でこの左右の腕のローテーションを意識しながらPWで100ヤードを打つ練習を繰り返してみましょう。

 

ポイントは

 

トップで左腕が伸びてフォローでは右腕が伸びる

 

野球のボールを投げる時の位置がゴルフのトップで理想の右手の位置だと思っていいでしょう。

 

PWの次は7番アイアンを使って練習します。

バックスイングで左腕が伸びてフォローで左腕がたたまれて右腕が伸びる。

この腕のローテーション軸を中心とするスイングの中で確実につかんでいきましょう。

SWやPWでできても7番アイアンぐらいになると飛ばしたいという気持ちが先行して体が突っ込んでフォローで左ひじがひけやすくなります。

こうなると右腕は伸ばすことが出来ずにクラブも走らなくなるので飛距離アップは望めません。

右腕が伸びる感覚を掴むためにもショットの練習の前には左右の腕のローテーションを意識して素振りを10階以上は行うことをお勧めします。

 

また、この時に左右のスイングスピードを振り子のように同じスピードにするといいでしょう。

そして下半身は使わずにフルスイングではなくてスリークォーターぐらいのスイング幅でコンパクトなスイングを心がけて振ることをお勧めします。

またボールを三つ並べて連続でショットする練習も有効です。

スタンスを狭めにしてあえてボールを打ちだす方向を見ることなく1つのボールを打ったらすぐに2つ目のボールを打ちます。

そして2つ目のボールを打ったら3つ目のボールもすぐに打ちます。

このようにボールを3つ並べてそれを次々テンポよく打っていきます。

連続でコンパクトショットをしてみるのです。

この時に気を付けたいことは体が前に突っ込まないようにすることです。

下半身を動かすことなく連続ショットをすることによってスイング軸の中でクラブヘッドが走る感覚を養うことが出来るのです。

 

ボールを飛ばすために重要となる右手その右店お使い方を覚えるためには7番アイアンを使って右手一本でスイングする練習方法があります。

 

スイングプレーンに沿ってクラブを流していく。

肩の高さぐらいまでクラブを上げてトップで力を入れることなくヘッドの重みだけを利用してゆっくりとプレーンにクラブを投げていくようなイメージで振りぬきます。

この時に注意したいことですがボールに当てようとかヘッドスピードを上げようなどと意識しているとボールが左右に飛び出して手打ちになってしまうのでそこは気を付けて練習してみましょう。

 

スイングプレーンに沿ってクラブが正しく動くとフォローで右手が目標方向に向かって真っすぐに伸びていくのです。

そして右手首の理想的な返りを実感することが出来ます。

 

飛ばすために必要な右手の使い方を理解することが出来る。

右手一本を使ってのスイングではボールを遠くへ飛ばす必要は一切ありません。

あくまでも右手の使い方を覚えるための練習です。

クラブヘッドの重みを感じながらスイングプレーンに向かってクラブを流していくことを意識して取り組んでみてください。

またフォローで右手が伸びていくことを意識して取り組んでみましょう。

これは女性は腕力がないので難しいかもしれません。

なのでまずはティーアップして打つことをお勧めします。

 

ティーアップすることによってボールを無理に上げようとする意識が薄れます。

そうすることでリラックスして打てるようになるのです。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

repoto
スポンサードリンク