スポンサードリンク

先日バッバ・ワトソン選手に関する記事を書きました。

炎の体育会TVに出ていたときのことです。

というわけでではないのですが、今回はそんなバッバ・ワトソン選手の飛ばしの秘訣に迫ってみたいと思います。

 

ある雑誌でのインタビューに飛距離の秘訣についてバッバ・ワトソンが以下のように答えています。

 

規格外の飛距離を生み出すそのポイントは、スイングをリードする腕を大きく振ること。

 

右打ちなら左腕、左打ちなら右腕になります。

バッバ・ワトソンの場合は左打ちなので右腕になります。

 

スイングをリードする腕を大きく振るとはどういったことなのか?

スイングをリードする腕を大きく振ることによってスイングの弧が大きくなりその結果ヘッドスピードを上げることができるというわけです。

 

 

バッバ・ワトソン選手のスイングを見ているとテークバックではコックを入れずにノーコックで上げていきます。

イメージとしてはテークバックでクラブヘッドを低く長く手元を遠くへ上げるというわけです。

そうすることで自然とノーコックで上がっていきます。

babawatoson

上の絵はバッバ・ワトソンのテークバック時の手首の形です。

 

ノーコックで上がっていくのが見てわかると思います。

 

これにより彼はスイングアークを大きくしていると言っています。

ノーコックでテークバックをすることにより手首に無駄な動きをさせないことにつながります。

 

またノーコックで上げていくことによって手先でクラブを上げないようになります。

テークバックの早い段階でコックを入れると右ひじをたたむポイントが速くなります。(右打ちの場合)

そして、ひじがたたまれるポイントが早まるとクラブを手先で上げやすくなります。

 

つまりテークバックの早めにコックをして手元が腰を過ぎてからも腕の意識でクラブを上げていくと手打ちになりやすい。

 

次にノーコックでテークバックをするメリットとしてダウンスイングで手元が体の近くを通りやすくなります。

つまりタメができやすいわけです。

 

コックをせずに上げていくために手元を使うことができません。

なので、ダウンスイングでは体が自然と先行してあとからクラブが引っ張られてくる形を作ることができます。

 

そうなると自然とタメができるのです。

 

babawatoson1

 

手元がこしの高さを過ぎてもまだノーコックを保っています。

そして、ダウンではこのようにタメを作って下してくることができるのです。

babawatoson2

 

コックを使わない意識によりインパクトで手首に無駄な動きがないので、体の回転で打てるようになる。

また、クラブの入射角が緩やかになるので、ミスが減るというわけです。

 

また、アドレスのままの手首の形をキープしやすいので体の回転のみで打てるし、腕がスイング中に常に体の正面にあるというわけです。

 

スイングアークを大きくすることによるメリットは飛距離アップだけではなくて、ミスショットを減らすことにもつながるというわけですね。

コックを使う意識が強いとバックスイングで手先だけでクラブを上げてしまうので体の動きを止めてしまいます。

 

そうなると手打ちになる。

そして、手打ちになるとボールにパワーを伝えることができません。

また、球がばらつくのでコントロール性がありません。

しかし手首の動きを抑えることによりスイングするためには必然的に体を動かすしか方法がなくなります。

 

なので、自然とダウンでは体が先行してクラブを引き下ろしてくるためタメが自然と生まれることになるのです。

なおかつヘッドが走り大きなフォローへとつながります。そしてスイングアークが大きくなるのです。

 

手首の無駄な動きを抑えることによりボールが飛ぶだけではなくて再現性の高いスイングとなるわけですので、一石二鳥ですね。

ちょっと注意したいことですが、「わかったノーコックで上げればいいんだ」と思っても、テークバックで手首を伸ばすのはNGです。

 

手首はアドレスの形と同じ角度をキープしてあげていくのです。

 

そうすることで背中の大きな筋肉を使ってトップまで行くことになるので自然とダウンではクラブを体に引きつけて下せるようになります。

 

間違ってもノーコックだからと言って手首を伸ばしながらテークバックするのではないことを理解しておきましょう。

ちなみにこちら動画でバッバ・ワトソン選手のスイングをご覧ください。

 

 

スイングアークが大きいのが見て取れますね。トップでシャフトが垂れていますが、これは体が柔らかい証拠だと思います。

一見オーバースイングに見えるかもしれませんが、手先でクラブを上げずにしっかり背中の筋肉を使いクラブをこの高さのトップまで上げることができるのでその分シャフトが下に垂れているのでしょう。

 

そして、体を軸にダウンに入るため捻転差を維持したままインパクトに向かっていきます。

身長が190センチを超える大柄に加えてこれだけの捻転量があるのでスイングアークを大きくでき、ヘッドを加速するためすさまじい飛距離を出すことができるのだと思います。

 

飛距離が出ないという方は参考になると思います。

飛ばしのためにはタメが必要ですが、ノーコックで上げることによってダウンで自然と飛ばしのタメが作れるならタメを意識する必要がなくなります。

テークバックで手首を早い段階でこねてあげて手先でクラブを上げるのではなく、コックを入れずにテークバックすることで体でクラブを上げていくコツをつかむと飛距離も方向性もよくなるのでお勧めです。

 

コックを入れることなんてスイング中に意識する必要はないです。

コックは入れるものではなくて自然に入るものだと思ったほうがいいですね。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク