スポンサードリンク

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

いよいよ2015年が始まりましたね。

今年もゴルフライフを満喫していきたいと思っています。

では、今日は新年さっそく1発目の更新となります。

 

今回は右手を積極的に使ってアッパーブローでインパクトするコツについて話していこうと思います。

ドライバーでボールが飛ばない人を見ていて思うのがダウンブローに打っています。

アイアンショットはコントロールが大事なのでダウンブローで打ちますが、ドライバーをダウンブローで打っていては飛びません。

ドライバーはアッパー起動で打つことです。

それには下から上の軌道でボールを打つ必要があります。

つまりボールの手前にヘッドの最加点が来るように打つことですね。

クラブヘッドが最下点にきてからそこから上がるときにシャフトがヘッドをブンっとはじきます。

このシャフトのしなり戻りを利用することができるとボールが飛んで飛距離が出ます。

ヘッドスピードがあるのに飛ばないという人はヘッドが最下点に行く前にボールを打ってしまっている可能性が高いです。

なのでシャフトのしなりを上手に利用して打つ打ち方をマスターしましょう。

では、ヘッドの最下点をボールの手前にするためにどうしたらいいのでしょう?

それには右手でダウンスイングをすること。

左手でダウンスイングをすると左手がクラブを引っ張り続けることになるので左手はボールよりも先に出てしまう。

こうなるとどうしても最下点がボールよりも目標方向側に来てしまいます。

これはタメがいつまでもほどけないということ。

なので右手を使ってクラブを早めにほどくとボールの右にヘッドを落とせるのでミート率も向上します。

 

またドライバーを飛ばすインパクトはやぱりアッパー軌道にありますが、注意してほしいことですがアッパーで打とうとする意識があまりにも強いと今度はあおり打ちになる危険があります。

素振りはいいのにボールを打とうとするとボールに体が向かっていき右腰や右肩が下がってしまう。

こうなるとクラブが寝て入ることになるので右に飛ぶしそこで手を返す動作を入れると今度は左へ飛ぶチーピンになります。

こうならないために、イメージとして右腰をボールにぶつけるような感覚をもってスイングすると腰が地面と平行に回ってくれます。そうすることであおり打ちを防ぐことができます。

 

右腰や右肩が下がってしまったらあおり打ちになって腰の動きを止めてしまうのでボールが飛んでくれません。

なので右腰をボールにぶつけるようなイメージで打つと腰がレベルに回転してくれます。

 

今回はドライバーがアッパー軌道で打てずに飛距離が出ない場合の改善点を話しました。

ダウンブローでボールに当たりヘッドスピードがあるのに飛距離が出ないという場合は参考にしてください。

 

アイアンはダウンブローですが、ドライバーはアッパーブローで打つということ。

ドライバーをアッパー軌道で打てない場合は右手でダウンスイングすることによりボールの手前にヘッドを落とせるようになるので試してみるといいかと思います。

 

ではでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク