スポンサードリンク

ドライバーのヘッドスピードが30後半から40ぐらいの女子プロがなぜ平均飛距離240ヤードも飛ばせるのか?

ヘッドスピードは自分のほうがあるのになぜ飛ばないのか?

ドライバーで飛距離アップを考える人ならヘッドスピードのことを一度は考えたことがあると思います。

ヘッドスピードの割に飛ばない原因はなぜだろう?

逆にヘッドスピードが遅い割に飛ぶ要因はなぜだろう?

特徴としては2つあって一つはスピン量が少ないことが言えます。

もう一つは高い打ちだし角度がしっかりしていることですね。

なので力じゃなくてギア効果を使って飛ばしているということです。

 

インパクトの瞬間ではギア効果が生まれて打点によってスピンのかかり方が変化します。

ボールがフェース面の上のトゥ側に当たった時は安定したスピン量で軽いドロー回転がかかります。

逆にヒール側寄りにあたるとスライス回転がかかってスピン量が増えて飛距離をロスしてしまいます。

女子プロの打点はもちろんトゥ寄りなのでドロー系の回転を与えるので飛んでくれます。

 

ではトゥ寄りにあてるためにどうしたらいいのか?

まずフェース面の上下ではフェース免状の重心点よりも下にあたったときはフェースが下を向いてバックスピン量が増えるの飛距離をロスすることになります。

今度は上部に当たるとこの逆の現象が起きます。

重心よりも上にあたることによっフェースが上を向きます。

そしてギア効果によってバックスピン量が減り直進性の強いボールが出ます。

これをアッパー軌道で打つことによって低スピン&高弾道の球となるので飛距離を稼ぐことができます。

このように理屈では分かっていてもトゥ寄りにあてるのが難しいと思うかもしれません。

芯に当てるのですら難しいのにトゥ寄りちょい上で打つなんて無理だよ。って思うかもしれませんがまずは打点が左右にずれないように注意してみましょう。

 

僕としては打点が上下にずれる部分は大目に見ています。

自分なりですが(笑)

確かに下に当たるとスピン量が増えて飛距離をロスすることになりますが、ヒール寄りにあたって飛ばないスライスになるよりは全然ましだからです。

打点を左右にずらさないために意識は軸を考えます。

体の中心に軸をイメージしたらテークバックでも動かさないようにスイングします。

特に頭が動かないように意識しています。

体重移動を考えてスイングしたほうが飛距離アップするという方もいますが僕は体重移動は考えていません。

軸が動くことによって打点が安定しないからです。

軸をキープすることに注意を払います。

軸をキープしてスイングして確実にトゥ寄りちょい上の一番飛ぶ部分に当てるほうがシャープに振ることができますし、パワーロスすることなく飛距離を稼ぐことができるからです。

ポイントとしてはアドレスで足の裏に体重を感じた場所を変えないようにクラブを振ることですね。

 

軸を動かさないほうがミート率があがりますし、そのほうがパワーのロスがなくなる。

バックスイングでは頭が右方向に動かないように、アドレス時に頭の右側にクラブをそえてクラブに当たらないようにすいんぐするといいです。

また、多くの人はバックスイングで前傾がくずれて起き上がり体からボールが離れたトップの姿勢になっています。

なのでトゥ寄りちょい上でインパクトするためにはスイング中に前傾姿勢を崩さないことが大事です。

 

前傾姿勢が起き上がってしまったら手元が浮いてヒール寄りに当たりやすくなります。

でも前傾姿勢をキープするにはどうしたら?

 

それは腹筋を使ってスイングすると効果的です。

でも腹筋を鍛えてないと腹筋を意識してスイングするのは難しいと思いますので、そんなときはおなかをへこませたままスイングしてみてください。

そうすることによって前傾がくずれないので腹筋に自然と力が入ってトゥ寄りちょい上の芯でインパクトしやすくなります。

アドレスでおなかをへこませてそのままスイングするイメージでOKです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク